コクラン日本支部の説明を英訳

コクラン日本支部は、複数の臨床試験の結果を総括的に評価するコクランレビューで知られる世界的な組織「コクラン」の日本支部として、2014年5月30日に、国立成育医療研究センターにて組織されました。日本支部では、コクラン系統的レビュー作成のサポートおよびトレーニングを提供し、日本の医療や政策の科学的根拠に基づいた意思決定を促進します。日本におけるコクラン共同計画を推進し、サポートすることを目指し、以下の5つの活動を主に行います。

  • コクラン系統的レビューの新規の著者を増やす。
  • コクラン系統的レビューのトレーニング·ワークショップを実施する。
  • コクラン系統的レビュー出版のためのサポートを行う。
  • 日本におけるコクラン·ライブラリの利用を促進する。
  • コクラン系統的レビューのサマリーの翻訳を推進する。(コクランレビューの翻訳に関しては、日本医療機能評価機構医療情報サービスMindsが長く行ってきましたが、2016年4月よりコクラン日本支部がMindsの翻訳事業を引き継ぎ、日本におけるレビューの浸透を図っています。)

The Cochrane Japan Branch is organized at the National Center for Child Health and Development Medicine at the National Center for Child Health and Development, as May 30, 2014, as the Japan Branch of the Cochrane, a global organization known for the Cochrane Review, which collectively assesses the results of multiple clinical trials It was done. The Japanese branch provides support and training for Cochran systematic review creation and promotes decision making based on the scientific basis of medical treatment and policy in Japan. We will mainly carry out the following five activities with the aim of promoting and supporting the Cochrane Collaboration Plan in Japan.

1:Increase the new authors of the Cochran systematic review.

2:Implement training and workshop on Cochran systematic review.

3:Cochran provides systematic review support for publication.

4:Promote the use of the Cochrane library in Japan.

5:Promote the translation of Cochran systematic review summary. (Regarding the translation of the Cochrane Review, Medical Information Service Minds Japan Medical Function Evaluation Organization has been doing long, but since the April 2016 Cochran Japan branch took over the translation business of Minds and is trying to penetrate the review in Japan .)

This translation used by Google.

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.