プレゼン前夜

ベストは尽くしたあとは気に入ってもらえれば

年も押し迫って頃、友人から法人成りするためにロゴマークをデザインして欲しいと依頼を受けて、しこしこと年末から今までデザインしていた。

今回のロゴマークは取っ掛かりが少なくて結構難しかった。会社は小さいながらもメーカー。いずれ製品を出すのでそれにつけてもおかしくないもの。社名は俳句の季語から取ったもので色ぐらいしかヒントを貰えない。先進的で、日本の会社だとわかるもの。う〜ん。

こういうときはどうするか。とにかく、ロゴマークを見まくることである。手元にあっていつもニヤニヤしながら見ている本が2冊ほどある。

洋書だが最近翻訳されたっぽい。有名所100社のロゴマークの変遷を掲載している本。CannonとかKwanonと表記していた時代のロゴマークから載っていたりと眺めているだけでも面白い本。全体的にメーカーのロゴが多いためメーカーらしさのアイデアを抽出するために改めて熟読した。

こちらは、巨匠がデザインしたロゴマークも含め1300個も掲載されていてしかもタイプ別に分類された本。1300個も掲載されているので、アイデアソースとしては十分。毎日ペラペラとめくりながら案を出しまくった。

約2週間をかけて作った案は5案。どれか気に入ってくれるといいなと思いながらプレゼンシートを作っている。明日で決まるといいな。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.