世の中は動いているのに止まっている自分

焦っている自分

休養をはじめてはや3ヶ月半。徐々に良くなってはいるものの今だに復帰の目処が立たない。そんな中、世の中すごい勢いで動いているのに自分は止まっている感じがしている。これは、かなりの恐怖だ。

世の中、動いているとはいえ、客観的に見るとまだ3ヶ月少々。たいして変わっていないと考えるのが妥当だろう。それよりも、めったに無い時間なので、復帰して役に立つ勉強をコツコツやっていたほうが良いと考えるように気持ちを切り替える。

そうこうしているうちに、また、「世の中すごい勢いで進んでんな〜」とおもったりして、行きつ戻りつする日々がこの数週間続いている。こんな話を友人にしても、今はしっかり休むときだから焦らないほうが良いよぐらいしか言ってもらえない。

このぐるぐるした感じに早く終止符を打ちたいものだが、やはり、友人が言うように今は時間を掛けて療養するに限るのだろう。「焦る」ぐらいの元気が出てきたのだろうと思って、前に進もう。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.