今日は何を書こうかと5分ほど考えてみる。色々と浮かんでくる中で、今日は「座禅」について書こうと思う。

このところ、Googleも採用しているとことでマインドフルネス絡みでビジネス方面でもやたら座禅が注目されている。そこには、信仰と信心とか全くなくってただただメソッド化されていてちょっと薄っぺらく感じる。

この本を読んでいるけど、宗教的なことや神秘的なことをやたら恐れていている感じで、「座禅」をもっと気軽で科学的に証明された心のトレーニング法だと紹介している。やはりアメリカとうかビジネスの現場では宗教的な部分はデリケートなのかなと思わせる。

つい最近、Amazon Prime Video で日本に禅宗を広めた道元の生涯を描いた作品「禅」を見たが「この世こそ浄土」というとても印象的な言葉があった。瞬間瞬間を大切に思い精一杯生きること事によってこの世は浄土になるというような考え方だったと思う。

自分は3年ほど前から、「禅」に興味を持ち、なんとなく座禅を見様見真似でやっている。
早朝に起きてすぐまだ周りが静かな中、お気に入りの線香に火をつけ静かに座り背筋を伸ばし足を組み手を組み半眼にして呼吸を整える。そうやって座っているうちに、なかなかたどり着けないけど、雑念が消えてなくなり心が静かになる時間が訪れる。心地よく多幸感に包まれる瞬間。その瞬間はまさに極楽浄土ってことかもしれない。

なんだか、今日も締まりのない文章になってけど、「座禅」を続けながら「禅」の世界を色々と探求して行きたいと思っている。

Like what you read? Give KinoFumi a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.