唐招提寺御影堂障壁画展

久々にしびれる展示

今日は久しぶりに茨城県近代美術館に出かけ、東山魁夷の東昌寺御影堂障壁画展を観てきた。日本画の大家東山魁夷の展示だけあって土日は死ぬほど混雑するそうで、平日を狙って行ってきた。

日本画なんてとずっと思っていたのだが、横山大観や下村観山や菱田春草の本物なんかを観てしまうとやられてしまった。それから、大御所系の日本画は率先して観るようにしている。

今回の展示は、鑑真のために建てられた唐招提寺の御影堂の修復工事中のために貸し出されたもの。茨城での展示が終わったら豊田美術館で展示される。御影堂のために東山魁夷が二期に分けて描いた超大作が一度に見れる。御影堂の一般公開は1年に3日間らしいので、この展示を逃すとゆっくり観ることすらできなくなるので、気になる方は是非お出かけを。

で、肝心の展示についてだが、展示の2/3ははっきり言ってつまらないものだった。まぁ、気に入らないというか、ピンと来なかった。東山魁夷とはいえ打率10とはいかないところがまた面白い。どんな大家でもありがたがって観ないことは肝要。

残りの1/3が、久々に震えがくるぐらいしびれた展示。「山雲」と名付けられた作品群。精緻でいて大胆。霧の匂いとか滝の水音とか鳥のさえずりとか山を渡る風とかリアルに感じられる。こんなに凄いとは思わなった。さすが東山魁夷。かなり有名な画でなので、部分はGoogleの画像検索でも観ることが出来る。

展示では、下書きや本番前に書かれた設計図面的なものや制作ノートの一文まで展示されていて、どうやって大作が描かれたのかプロセスも観ることができておもしろかった。

どの部分にもこまやかな神経が行き届かなければならない。細部は全体のためであり、全体は細部によって生きるからである。──東山魁夷「制作ノート」
Show your support

Clapping shows how much you appreciated KinoFumi’s story.