開墾

思っていたよりしんどい

春に向けて、草むしりをしていたところ、畑を作ろう!ということになり、急遽開墾を始めた。開墾しようと前々から準備していた「唐鍬」を使用して、鍬を入れ始めた。

さすが去年の夏には雑草がびっしり生えていた土地だけあって、鍬を入れても入れても、根の塊ばかり出てくる。楽勝で一坪分ぐらいは耕せると思っていたが、そんなことはなくて、休み休み一時間ほどかけて一坪を掘り返した感じだった。今日は始めるのが遅かったので、ここで終了。

明日も天気が良さそうなので、朝から開墾の続きができれば良いと思う。最終的には8坪ぐらいの畑にできればと思っているので、コツコツやっていかないといつまでたっても終わらないということになるので、畑いじりを習慣化しようと思う。

今年の夏にはとれたてトウモロコシをすぐにゆでて食べられることを夢見て、まずは開墾と土作りをがんばろう。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.