1日横になると1日何もしないのと同じ

ゆっくり休んでいるつもりがあせりしかない

このところの、寒暖の差で昨日1日横になっていた。低血圧症なのか頭が重く立ち上がる気力もなくただただ、横になっていた。

iPhoneで色々なアプリを使って最新のニュースやら、アニメやら映画やらを見たり、kindleで本を読んだり、Twitterのタイムラインを見たりといろんなことが寝床でも出来るようになったのは良いことかもしれないが、やはり受け身な情報の消費でしか無く。情報の加工やら発信までやれない。やはり私の主戦場はパソコンだなぁという思いを強くする。

パソコンを寝床で使えば良いような気もするが、なかなか理想的な姿勢を得られず断念。パソコンを寝床で使って体を壊しそうだ。なので寝床専用の機器類を購入しなければならないようだ。

昨日はただ、ぼーっと、1日を過ごしていたわけだが、なにもしないのと同義で、罪悪感しか残らない。こういうときは、諦めて体を休めることに集中しろということなのだろうけど、なぜか焦る気持ちばかりが増してくる。もっと、生産的にゆっくり休むことはできないものだろうか。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.