HackerHouse List 2017@シリコンバレー&サンフランシスコ

この記事はサンフランシスコにてプログラミングのオンラインコースやイベント、ハッカソンの経営をされているHackingEDUさんの許可をいただき、こちらの記事も参考にしました。

DropBoxの創業者であるDrew Houstonが2013年のMITの卒業式で言いました。

ー Circle 自分の周りにいる人が刺激的かどうかで人生が変わる ー

つまりは自分の周りの取り巻く何人かで運命が変わるということです。「みかしてやろう…」といった悔しい気持ちや、「こいつがOKって言ってるからいけるかもしれねぇ!」といった自信などです。(と理解しています。)

実際にDrewさんは、MITの同級生がシリコンバレーで資金調達をしたことを聞き、悔しくてシリコンバレーに行ったと言っています。

しかし、日々の生活でそんな友達を作るのは大変です。オフィスのCo-worker? 学校の友達?もちろん大切です!しかし、私はもう一つコミュニティーを左右するものがあると思っています。

それはズバリ《家》なんです。

サンフランシスコ・シリコンバレーでは、バリバリ頑張ってる起業家・エンジニア・デザイナーが暮らす、HackerHouse (テックハウス、ギークハウスとも呼ぶ)というものが存在します。

去年一年サンフランシスコ・シリコンバレーに滞在していた私は、最初は夜中までテクノロジーの話を言い合えるような友達も、コーディングが本当に得意な友達も、大きい夢に向かって頑張っている友達もいませんでした。

でも、テックハウスに引っ越したらできたんです!輪を広げ、意見を交換し切磋琢磨する友達が!本当におすすめなんです!

なので、今回はシリコンバレー・サンフランシスコ付近のHackerHouseを紹介したいと思います!

※筆者が全てに泊まったことがあるわけではありません。正確な情報は各自問い合わせをお願い致します。


Bed|n|build

San FranciscoとRedwood Cityに あるHackerHouse。月$1400〜。websiteにApplyフォームがあり、職業(起業家、エンジニア、投資家などなど)、SNSアカウントなど細かく書き込まなければならない。選抜を突破しないと住めない。

Hacker Home

シリコンバレー中心のスタンフォード大学の近くと、サンフランシスコの街中にある。SNSやGitHubのlink、何に熱中しているかなどの質問項目をwebsiteに書くと、Applyができる。FacebookのClosedのグループも運営している。

Negev

Share houseを複数運営していて、6th Street SOMAにあるシェアハウスが、Tech houseとして有名。とてもいい立地。中にくつろげるWorkPlaceも完備されている。起業家、エンジニア、AppleやGoogleなどのテックジャイアントで働いている人も住んでいるそう。スタートアップのCEO,CTOが家に講演をしてくれることもある。月$1000–1600。職種などを記入するアプリケーションが必須。今Websiteをチェックしたら起業家の友達も写真に写っていた!w

Rainbow Mansion

21677 Rainbow Dr, Cupertino, CA 95014

図書館やハードウェアラボなどを完備するハイテクテックハウス。Google, NASA, Tesla, Discovery Channel,などのスタートアップで働いている従業員が住んでいる。アプリケーションが必須。

Startup Embassy

334 Tennessee Ln, Palo Alto, California, 94306

Palo Altoにある、一番古い起業家専用Share House。YCや500 startupsに採択されている起業家も今まで住んできたらしい!

アプリケーションが必須。

Startup House

934 Howard St, San Francisco, California, 94103

月$300〜と激安のテックハウス。最低$200K以上の投資を受けているスタートアップの起業家のみ入居ができる。オフィス、メンター付き。複数の企業が協賛をしている。

Cesium Hacker House

パルアルトとサンノゼの間に位置するHacker house。世界中から若い起業家、科学者などが宿泊している。1泊$40〜。レビューがないので少し不安、、、。

939 Makers Hub

1539 Third Ave, Walnut Creek, California 94597

個別の部屋や、プライベートオフィスなども完備するシェアハウス。敷地も10,000 square feet以上あり、とても広い。アプリケーションが必要。

サンクスギビングのターキーを一緒に焼いた時の写真

Saddlehouse(著者が住んでいたところ)

最高です。サンフランシスコ、ゴールデンゲートパーク近くのハッカーハウス。起業家、エンジニア、デザイナーと20人ほどと住んでいました。女の子もいましたよ!大家さんとの面談が必要です。(右の写真の中で5人起業家、3人エンジニアです。)

いま漠然と日本でもこんなHackerHouse文化があったらいいのにな〜!と考えています。もちろん、起業家だけでなく、様々なフィールドの人たちが集まる場所で良いと思っています。

シェアハウスを運営している人や面白いコンセプトのシェアハウスをご存知の方は教えてください〜!🙇

Twitter: alpacapacapow
Facebook: Kirin Okada (岡田貴琳)