「猿の手」の呪縛を振り切って〜大山祇神社で願かけにトライ

月に一度、創作仲間とバス旅行に出かけています。

三月は愛媛の大山祇神社に行ってきました。

この神社の敷地内には、有名な木があるのです。

木の股を願い事を唱えながらくぐれば、望みが叶う。

そんな言い伝えが残る、大きな木が。

このような時、私の願い事はいつもシンプル。

『私と周囲の人たちがこの先も平穏無事でいられますように』。

決して無欲なわけじゃありません。 ただ、とても臆病なのです。

突然ですが『猿の手』という物語をご存知でしょうか。

願いを三つ、なんでも実現してくれる猿の手、という魔具を手に入れた夫婦が、結局全てを失ってしまった、という血も凍るような物語です。

「分不相応な欲をかけば、結局大きな不幸を呼び寄せてしまう。人間、現状維持が一番幸せなのだ……」

その考えは私の頭の中に、しっかりと刻みつけられました。

ご利益とホラー小説のオチを一緒にしては失礼かもしれませんが、とにかく、あの小説が私のチャレンジ精神をくじき、ありきたりな希望しか言えなくしてしまうのです。

「でも、今回は勇気を出して、毛色の違うお願いごとにするつもり。あなたもそうしなよ」

私の提案に、

「わかった」

のってくれる友人。

「じゃ、『ブログのネタを思いつきますように』にする」

「……マジで?!」

とりあえず、私は頑張りました。

『文筆家として大成しますように』。

そんな大それた願い事を唱えてきました。

ちなみに成功、ではなく、大成、にしたのが、ちょっとしたこだわりポイント。

一文字変えることで曖昧さをなくしてみました。

正直、本気で願ってるわけじゃありません。

大成だなんておこがましすぎです。

細く長くやっていけますように、ならしょっちゅう思ってるけど。 それとて、かなり大変ですよ。

それに文筆活動なんてものは、コツコツやるのがいいんですよ。

書く場があるだけで幸せ。読んでくれる方がいるだけで、もうとんでもないことですよ。

なのでこの先万一、私がその道で大成するような奇跡があれば、それはこの時のご利益です。

というか、恐れ多すぎてバチが当たりませんように。

おまけ

欲張ると不幸になるぞ系のお話は、昔話にもたくさんありますね。

花咲か爺とか。

金の斧銀の斧とか。

浦島太郎はちょっと違うか?

(ブログの転載です)