慢性的に続いていた不調の原因がグルテンが原因だったらしい

数ヶ月なのか、数年なのか、いつからだったのか記憶に無いんですが、身体がほぼ毎日しんどくて、出勤する朝は体が重いし、会社nついてからも体重いし、集中出来なかったり、お昼食べた後には関節が痛くなったり、休日でも少し歩いて買い物しているだけで帰りには体中痛くて、帰り道がしんどかったりする症状が続いていました。

自覚し始めた最初は、仕事は正直したくないじゃないですか、だから会社に行くのが嫌だと無意識に思ってるのかな?とか、何か日々ストレスを感じているのかな?とか思ってました。

とは言え、毎日では無いにしろ、腹痛だったり、胃酸が逆流してきたり、低血糖症みたいな症状が出たり、偏頭痛が長く続いたり、関節が痛かったりという何かしらの症状に慢性的に見舞われていたので、会社の同僚や友人、家族など周囲にも心配されるし、自分でも心配になるので、症状の激しい時に病院に検査に行くわけですけど・・・

これがまた何も出ないんですよね。

MRI撮っても、レントゲン撮っても、胃カメラやっても、内視鏡やっても、問題はありません、むしろ「骨綺麗ですね」とか言われる始末…

それでも、やっぱり不調だし何か病気なのかな?とネットで調べて、近い症状の病気を疑っては検査行くんですけど、やっぱり特に問題ない、むしろ健康じゃん、みたいな。

そして人間って慣れるもので、そういう症状が長く続けば、これが自分の普通なんだ、もしかしたら周りもそうなんじゃ?とか思い始めるわけですよ、疲れとかも凄い感じてたんですけど、自分に体力がないだけなんだろうなきっと、とか思ったりして、謎の適応力を発揮するわけですよ。

でもやっぱり、我慢できない痛みの時は多いわけで、会社で「痛た…」とか声が漏れたり、Twitterで「今日も関節痛い」とか呟くんですよね、そんなある日ですよ、一人のフォロワーさんに言われたんですよ・・・

「もしかして、グルテンがダメなんじゃないですか?」

へ?グルテン?何にそれ?聞いたことない、と思いつつ、検索してみると、「小麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種。」らしい、だけど、それがダメってどういうことだ?アレルギー?と思って更に検索を進めると、アレルギーも出てきたんですが、それとは別に2つの病気が出てくるわけですよ。

  1. セリアック病
  2. グルテン不耐症

どっちも、グルテンが原因で出てしまう病気らしいですが、細かいことは下記リンクを参照してください。

それで、その2つの病気について調べると、発症していた症状がそっくりなわけですよ、上記の記事に幾つか症状が載ってるのですが、自分の場合だと・・・

  • 関節痛(痛風やリウマチの様な症状)
  • 神経痛による腹痛等
  • 逆流性食道炎等
  • 低血糖症の様な症状(動悸や手の震え等)
  • 顔や背中の肌荒れ
  • 疲労
  • 鬱症状
  • 頭痛
  • 口内の痺れや痛み
  • 両手足の痺れ

などの症状がありました、慢性的に感じてたものをピックアップしたので、忘れたものや、最近は感じないのもありますが、こんな感じの症状に見舞われてました。

それで結構当てはまるので、検査しようと思ったんですが、どちらも最近認定された病気で、しかも日本ではめったに無いということで、検査を実施できる病院が少なく、アレルギー検査とはまた違うらしく、その検査を受けようと思うと、安いキットを使っても3万位かかるので、いくら健康のためとはいえ、すぐにそんなお金出せないよ…

ということで、とりあえず、実際細かいことはわからないけど、グルテンがダメかどうかは、とりあえず「摂取しなければいい」そして「摂取して反応が出ればダメ」と言うことで、「3週間グルテンフリーを続けて、3週間後に食べるて反応を見る」というのを実践しました。

結果として食べなくなって、一週間、あれだけほぼ毎日痛がってた関節痛がなくなり、疲労感や眠気もなくなり、最近までの症状が嘘みたいに楽になりました。

それで、一応3週間後にもう一度食べて見るわけですね、食べなかったせいなのか、プラシーボ効果なのか、慣れが薄れたせいなのか、明らかに今までとは比べ物にならない痛みと、口の中の痒さなどが出てきたわけですよ、あ、これはヤバイって思いましたね。

とは言え、実際検査してないし、友達にはプラシーボ効果なんじゃない?と言われましたが、とは言え、プラシーボだとしても、明らかに前より楽なので食べる気になれません。

実際、検査はしていないので、セリアック病かグルテン不耐症か、もしかしたら気のせいでなんでもないのかはわかりませんが、しばらくはグルテンフリーの生活を続けて、今後お金に余裕が出たら検査をしてみようと思っています。

グルテンが原因の病気についてはまだ、日本だと症例が少なく、検査実施できる場所も少なく、アレルギー科にアレルギー検査しに行っても「聞いたこと無いねそれ」とか実際に言われる感じの病気なので、発見が難しいかもしれませんが、もし、上記の様な症状が出ていた場合はグルテンが食べれない体質なのかもしれませんよ。

実際小麦粉使ってる料理って凄い多いので、食べれなくなって大変ねとか言われるんですが、それでも体は楽なので、食に対してストレスを感じることはほとんどありません。

しいて言うなら、会社の同僚や友人と食事に行く時、凄い気を使わせてしまうこと事が多々あるので、存分に気を使ってもらうようにしたいと思います!(嘘です)

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Daichi Ono’s story.