遥か遠いレストラン

ミャンマー西部ラカイン州シットウェ。約12万人ものロヒンギャが隔離されていると云われる避難民キャンプにて。2017年1月。

キャンプ内には海外からの支援団体やキャンプ内外を行き来するラカイン族、キャンプ内でごく限られた比較的恵まれているロヒンギャ向けにロヒンギャ料理を振る舞うレストランが在り、最近新設されたのだそうだ。

彼らの主食は我々と同じご飯。そして唐辛子でひと際辛く味付けされたカレーだ。サモサやダンパウ(ビリヤニ)的な料理もある。そして食後は甘過ぎるミルクティー。

店内には哀愁漂う美しい歌謡曲が流れおり、聞くと「これはロヒンギャ音楽だよ」と近くの席のおじさんが教えてくれた。初めて耳にする音色だった。

3月の旅では色々あって避難民キャンプに入る事は叶わなかった。正直悔しかった。純粋に彼らの事をもっと知りたい。しかし国や町はその好奇心を歓迎しない。

遥か遠い場所に在るレストランの味が忘れられない…

Rohingya IDP camp in Sittwe, Myanmar.


Photo Exhibition
『myanmar * myanmar ~東と西で見た光景~』
Katsuya Shimbata × Go Kamochi
■日時:2017/6/3(土)~6/18(日) 
■場所:POINT WEATHER 
神奈川県横浜市港北区綱島西1–14–18
(東急東横線綱島駅西口から徒歩5分)
HP:http://pointweather.net/
営業日:火曜~日曜 11:30~21:00
※月曜休・不定休あり(詳細は店舗WEBにて)

【FBイベントページ】
https://www.facebook.com/events/1852301045094264/