伝えることの大切さ

僕はIVSのLaunch Padという1社6分のプレゼンテーションの場を主催している。毎回100社くらい応募があり、10〜14社ほど登壇する。

本番までは2回の審査会があり、僕は3回プレゼンを聞く。最初から完成度が高い人もいるが多く人は相当改善しないとLaunch Padに本番に進むことができない。

プレゼン自体は慣れていて話しは上手な人でもLaunch Padでのプレゼンテーションとなるとちょっと違う結果になる。これは良い学びの場になる。 というのも 自分が話していることは思ったよりも相手に伝わっていないということに気づくからだ。

Launch Padを経験すると本当に伝えたいことは何か?を考えるようになり、その伝え方が聞いている人がわかるように説明するようになる。イメージや動画を使いながらわかりやすいプレゼンに進化していく。

その結果、採用面接やマーケティングや資金調達などあらゆるコミュニケーションが必要とされる場面で役に立つのだ。

多くの起業家やビジネスパーソンはこのようなトレーニングを受けたことがない。Launch Padは発表する場ではあるが、コミュニケーション能力を飛躍的に高めるプロセスそのものだ。ぜひ傑作プレゼンテーションを見てほしい。

採用やPRや資金調達などなど どうしたら良いのか?という質問を受けることが多い。 良い人知らないか? みたいな話が多いのですが、そもそも自分の能力を高めることをサボっている起業家が多い。

「いやー そんなプレゼンしかできないと 人の紹介なんてできないよ」となるのだ。

「伝えることは大切」と何度も聞いているかもしれないが、実際にできる人は少ないし、努力もしていない。 努力すれば必ず結果に結びつく。練習すると必ず結果がでる。起業するならばまずはコミュニケーション力を高めよう。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.