「網元料理 あさまる」旨い生しらすが食べたくなったら東海道線で茅ヶ崎に行ってしまうのが吉!朝採れ生しらすを浴びるほど食べた

なんで誰も教えてくれなかったんだろう。茅ヶ崎で食べる生しらすがこんなに美味しいと。

ということで先日、茅ヶ崎の「網元料理 あさまる」で生しらすを食べまくってきたのでご紹介です。「あさまる」は生しらす専門店ではありませんが、生しらすメニューが豊富な網元料理の店です。ただし、一点だけ注意があります。それは毎日生しらすが採れる訳ではないということです(漁だから当然)。ウェブサイトで動向をチェックし、生しらすが採れたと分かったら生しらす記念日。東海道線に飛び乗るのです!

いい時代になったよな〜。湘南新宿ラインも上野東京ラインもあるので、都内からだったらほぼ乗り換えなし、1回乗り換えくらいで行けちゃうんじゃないですか? 茅ヶ崎。

「網元料理 あさまる」はこんな店

「あさまる」は茅ヶ崎駅前店と、柳島海岸に近い海沿いの本店の2店舗があります。今回はタクシーなどを駆使しつつ「あさまる本店」に行きましたが、どうせ行くならやはり本店がオススメなのではないかと思います。

「あさまる」の店構えです。和風の一軒家です。もっとファミリーレストランチックな居酒屋を想像していたので、古風な造りに驚きました。いい雰囲気じゃない‥‥!

営業時間はランチタイムの11時30分〜3時(2時30分ラストオーダー)と、夜の営業の5時〜22時(21時ラストオーダー)となります。定休日は火曜日。

駅からやや離れているということもあり、近隣の人はクルマで来ることが多いのでしょう。駐車場が充実しています。

玄関脇にはエアコン完備の待合室があるのです。こりゃあランチタイムはかなり混むんだろうなぁ、と思いました。こんなスペースがあるのは、間違いなく人気店ですよ。

横に日替わりメニューがあり、眺めているだけで口の中がジュワジュワとしてきます。値段も観光地価格のように高いということもなく、さすが網元だな、という価格帯です。

塩焼き、煮付けの種類が豊富なのですが、ランチタイムは458円をプラスして定食セットにできるのですね。羨ましい、茅ヶ崎市民。

「網元料理 あさまる」の店内

店内はこんな雰囲気です。

大漁旗がドーン。

漁師の店だけあり、色々と重厚です。我々は早い時間に入店したので予約しませんでしたが、普段なら予約しておくと間違いないと思います。店内は広いですが、それでも家族連れなどでかなり埋まりました。

「網元料理 あさまる」のメニュー

眺めているだけでシズってしまう「あさまる」のメニューをご紹介します。

「網元料理 あさまる」で生しらすを喰らう!

まずはお通し。

いきなりお通しから侮れません。これでしばらくビールが呑める南蛮漬け。

生ビールで乾杯。

まずはこれですよっていう感じで、とにかく「しらすづくり」のメニューから大量に。「生しらす料理はシケの時はできません」と書いてあるのが分かると思うのですが、大量の日で本当にラッキーでした。

生しらす。こんなにハイグレードな生しらすは食べたことがありません。さすが朝採れです。生しらすにそこまで魅力を感じたことはなかったのですが、旨いものを食べると見る目が変わってしまいますね。これは旨い。

しらすサラダ。サラダにしたって旨いんだもんなー。かといって、スーパーで売っている釜揚げしらすを使っても、この味は間違いなく出ないんだろうな、ということが分かります。

生しらすのユッケ。そうくるか、と。

卵黄とタレに絡めると、また生しらすが違った顔を見せてくれます。そういう生しらすもいるのか、と。

驚愕したのが、生しらす軍艦です。

2巻で1セットなのですが、その大きさたるや!

大柄な成人男性の握りこぶしほどのサイズがあるのです。

このサイズ感ですよ。一口では絶対に無理。少しずつ生しらすを食べ、ビールを飲み、やや少なくなってきたと思ったらご飯も一緒に‥‥それでもかなりの分量で、これだけでお腹がかなり満たされます。

カワハギの刺身。肝の量が多い〜!

肝を醤油にといて、オーイエス、オーイエス、コレデスヨ!

サメの唐揚げ。白身の魚のようで、これまた美味しいのです。

和食なので、知多ハイボールを頂きました。すっきり刺身にも合いますなぁ。

途中から駆けつけたサンズさん。今日、越えてきたのは多摩川です。美味しい美味しいとしらすサラダを食べていました。

アジフラァァァァァイ!

しらすのかき揚げも美味かったです。新鮮なので生で食べるのが最高だと思いますが、新鮮だからこその火の通った料理も美味しでした。

マグロの白子の天ぷら。白子と聞いて予想していたふにゃっとした食感とは違い、くにゃっという感じで初めて食べる感触でした。

しらすポテト。しらすの塩気がポテトに合うんです。いいねぇ。

漁師の玉子焼きはその日に採れた魚から何かが入っているという玉手箱のような存在。魚と玉子も旨い。

そして驚いたのが、しらすピザです。しらすって優秀なんだなぁ、主役にもなるし、いろんなところで脇役としても大活躍するんだなぁ、と感じたのがこの一品。しらすがどわーっと敷き詰められていて、その塩気でピザが美味しいんです! アンチョビって感じなんですかね、ポジション。

生でもうまい、火を通してもうまい、万能選手のしらすを堪能した夜でした。これはわざわざ茅ヶ崎まで食べに行く価値ありますし、茅ヶ崎で食べてこその味だなぁ、と思います。東京駅から1時間弱のショートトリップにもぴったりですよ。

茅ヶ崎からの帰りはこうなります

致し方ありません。

普通車で帰ろうとしたのですが、思いの外、上り列車が混んでまして、すぐにグリーン車に乗り換え晩酌しました。駅のホームで前もってグリーン券を購入しておいた方が安いです! そして車内販売もあります!

網元料理 あさまる(茅ヶ崎)

住所:神奈川県茅ヶ崎市柳島海岸18–31

>>湘南茅ヶ崎 網元あさまる


Originally published at netafull.net.

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.