都市農業を応援する動きが盛んに。どんなサービスがあるのか?なぜ盛んになったのか?…調べてみた。

昨年10月、三鷹市・武蔵野市の農家さんを応援する「まちなか農家」プロジェクトをはじめたこともあり、東京都の都市農業を応援する動きは、なぜ始まり、どういったものがあるのか、軽く調べてみました。

そもそも都市農業とは、(厳密な定義ではないですが)東京都などの都市部で住宅と隣接したりしてやる農業を言います。農業をやるには農地が必要です。そんな農地も1960年代に施行された都市計画法が成立した影響で農地がどんどん減っていきました。都市計画法で指定された区域内の農地は農地として認めないといったものでした。

そんな中、2015年4月、その流れを止めるある出来事がありました。「都市農業振興基本法」の成立です。

これは、成立当時の全国農業新聞記事の解説文っぽいところによると、

高度経済成長のもと、市街地は無秩序に外延化し、多くの農地が失われてきた。都市農地には「宅地並み課税」が実施され、「追い出し」を受けてきたが、「基本法」では都市農業の振興を国や地方自治体の「責務」とした。
都市農業振興 「基本法」後押しに税制措置を

ということで、今までは東京都の農地を持っていても農地と認められなかった法律が、都市農業は大事だからみんなで守っていこうよということになりました。

(↑この辺りの表現は違っていたら教えてください)

そんな都市農業に対し、国の後押しがあった背景には、ちょっと前から、農家さんを応援したりするサービスや活動があったからかもしれないと考えました。

ということで、農家さんを応援するサービスや活動を見ていきます。


【練馬区】区がやっている既存農家のサポーターを育成する「農の学校」

農業サポーターを育成し、農家とマッチングするという、もう少し実業的な農業へのサポートを促すものだ。主眼に置かれているのは、あくまでも年々減り続ける都市農家へのサポート。生活者が手軽にできる農業というニュアンスとは異なるが、実はこうした取り組みが、魅力ある地域づくりには欠かせない。
都市で農業のお手伝い。”農サポーター”になれる練馬区「農の学校」とは?

詳しくは公式サイトへ。


【府中市】府中はたけ日和

府中はたけ日和 公式facebookより

美味しい野菜やのどかな田園風景がある畑を残したい。という畑を愛で応援する仲間を増やしたいという想いで「府中はたけ日和」という冊子を発刊されているそうです。冊子の内容は農家さんの取材記事や直売所の案内など充実していますね。冊子を発刊する応援する団体名は府中農業応援隊。

2016年8月の創刊号がPDFで読めましたのでどうぞ。
https://drive.google.com/file/d/0B37zAcsUAuJZZ2VVYzR6OHI3TU0/view

facebookページで活動がわかります。
https://www.facebook.com/FuchuFarmFans/


【西東京市】ノウマチ

農で野菜とコミュニティを育てることを目的として活動する西東京農地保全協議会の通称。農による“畑”のサードプレイス事業「みんなのはたけ」の運営・管理、農福連携に関する研究事業、食育や都市農業に関する啓発事業をされているようです。


【国分寺市】こくベジプロジェクト

国分寺市市役所公式YouTubeより

内容は、1)国分寺市の農業と野菜のすばらしさをPRすることで、市内外のかたに地場野菜に興味・関心を持っていただき、(2)市内の飲食店が考案した地場野菜を使ったオリジナルメニューをPRすることで、市外から人を呼び込み、市内消費を促進し、国分寺市の活性化を目指す取り組みとのことです。国分寺市が地方創生予算で運営しているようです。

国分寺三百年野菜 こくベジ プロジェクトとは
http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/machi/1012005/1013264.html


【小金井市】小金井 江戸の農家みち

農家みち公式facebookページより

小金井の一部の庭先直売所が集中する地区の直売所の商品情報などをfacebookで情報発信しています。「直売所で今日、なにが売っているのかがわかる」とういことがどれだけ嬉しいかは想像すればわかりますよね。

https://www.facebook.com/koganei.edononoukamichi/


【国立市】しゅんしゅんか

国立市内の農家から朝どれの野菜を集荷して国立駅前などのリアル店舗で販売しているようです。運営は株式会社エマリコくにたち。自分の住んでいる三鷹駅では三鷹野菜を豊富な品揃えでかつ気軽に買えるお店がないので、あったら行きたいですね。

国立市内のたくさんの農家さんから仕入れているようです。

くにたち野菜 しゅんかしゅんか
http://www.emalico.com/shunka/index.html


【立川市】地元農家のとれたてやさい「のーかる」

のーかる公式サイトより

立川の農家さんから直接集荷しているので安心で新鮮な立川野菜が立川駅前のリアル店舗で購入できるそうです。運営は、株式会社まちづくり立川と国立市でもしゅんかしゅんかを展開する株式会社エマリコくにたち。

地元農家のとれたてやさい「のーかる」
http://tachi-machi.com/project/%E5%9C%B0%E5%85%83%E8%BE%B2%E5%AE%B6%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%A6%E9%87%8E%E8%8F%9C%E3%80%80%E3%81%AE%E3%83%BC%E3%81%8B%E3%82%8B/


【国立市】くにたち はたけんぼ

くにたち はたけんぼ公式サイトから

年齢関係なく、田んぼや畑をたのしみたい、農地を守り、育てたいという方が参加できる、新しい形のコミュニティ農園ということです。

新しい形とは農作業をするだけでなく、地域の子どもの遊びや学びの場、多世代が交流したり、ビジネスがはじまる場ということのようです。

運営はくにたち農園の会。

詳しい内容は「くにたち はたけんぼ」公式サイトへ
http://hatakenbo.org/


【三鷹市】【武蔵野市】まちなか農家プロジェクト

まちなか農家イメージ

三鷹市・武蔵野市のがんばる農家さんを応援するプロジェクトです。農家さんの取材記事や活動をインターネットで発信したり、農家さんと消費者の距離を縮めるためのネット上でのコミュニティ運営、リアルイベントの開催などを行なっています。運営は我々、Code for Mitaka/Musashinoが行なっています。

詳しくは公式サイトをご覧ください。
http://machino.tokyo


と、少し調べて羅列しただけでこんなにたくさんの動きがあります。都市農業支援がいまアツいんです。

(他にもこんなサービスや活動もあるよーとかあれば教えてください)

農家さんも「なんで急にそんな動きになったのかわからない」と仰ってました(笑)


では、なぜ、市民が農地や農業にかかわろうとするのでしょうか。

都市農業に関する本「都市農業必携ガイド」を執筆した小野淳さんは、市民が農地や農業に関わる理由について以下の2パターンに分類できるといっています。

1、次世代のために「近くに農地があってほしい」と考え、地産地消を応援したいから

まず、「環境問題が大好きで、自然志向の人はどこにでもいます」。関心のポイントが「食の安全と安心」にある層で、次世代のために「近くに農地があってほしい」と考える。地産地消を応援するような人たちだ。
「都市の田畑」をつぶす時代は終わった

2、よりよい町にしようと考えるときに、そこに農業も含まれるから

もう1つは、コミュニティに関心があり、よりよい町にしようと考える層だ。小野さんによると「ぼくらの世代に多い」ということで、本のなかでもみずからの農場を「コミュニティ農園」に分類している。1つの町のなかにいろんな職業の人がいて、お互いにネットワークでつながるような町づくりを考える。当然、そこには農業もふくまれる。
「都市の田畑」をつぶす時代は終わった

先の活動やサービスを見てもこの2パターンでしっくりくる気がします。


そもそも農家さんを応援したいと思ったり、農業をやりたいって思う最初のきっかけって「代々の農地を守ってきた農家さんの気持ち」に共感したり惹かれることじゃないかと思ってます。

たとえば、練馬区の野菜農家 白石好孝さんは、とある記事でこんなことを仰ってます。

家の周辺には農地を売った、いわゆる「土地成金」と呼ばれる人たちがいる。白石さんはそのような家の子供について「生きて働くことを目の当たりにできないのは不幸だと思う」
都市農業を通 して地域を創る(白石好孝さんインタビュー)

続けていることへのとってもアツい気持ちと男らしさやプライドを感じます。


ほかにも、三鷹市の野菜農家で先日、毎日農業記録賞 最優秀賞を受賞した冨澤剛さんは文章内でこう仰っています。

今だに「土地を売れば大金持ちだね」、とか、「畑を潰してマンションにしたら?」という人もいます。バブル時代の圧力に屈せず農地を守ってきた私たちです。滅相もない話です。農家の誇りを侵害するこういった認識を修正したい、そういう悔しい気持ちが私を奮起させることになっています。
見直したぞ!東京農業 私のイノベーション戦略 ~必要とされるために~ 冨澤剛さん

この農地は後世に受け継いでいく!という強い意思を感じます。そのために今をより良い状態にして引き継ぐのが使命なんだという気持ちも伝わってきます。

個人的にはこういった思いを聞くと、かっこいいし、応援したくなります。共感したり、惹かれたりするところは人それぞれだと思いますが、そんな気持ちがサービスや活動をするモチベーションにつながっていったんじゃないかと。


あと、1つ大事なポイントは農家さんが地域のほうを向いている点です。基本的には、農地を開拓し長くて数百年、その土地を守り繁栄させてきたのが農家さんですし、今でも消防団員として地域を守っていたり、町内会の御神輿やお祭りなどの伝統行事にかなりの農家さんが参加し引っ張ってきたという印象があります。さらに、(三鷹市だけかもしれませんが)その土地にある大学や企業・団体などとの様々な連携に対し、前向きに取り組んでいるため、消費者との接点が増えているのも大きなポイントかもしれません。


各地域で都市農業を支援するサービスや活動が出てきた理由をまとめると…

(1) 農家さんの地域との連携強化による消費者接点が増えた
(2) 地域(消費者)接点が増えたことにより、農家さんの思いに共感したり、農地の大切さを理解する人が増加。結果、次の行動として都市農業応援活動に移す人が増えた

ということだと思います。

こういったサービスや活動を増やしたり関わる人を増やすポイントは、農家さんが消費者との接点をつくり、きちんと思いを伝え、思いを聞いた一部の方から共感してもらうということをたくさんしていく必要があるのではないかと思います。


普通の人を共感から次の行動に繋げるためには。

私のような農業も農家さんも知らない一般市民が、都市農業をされている農家さんの想いを知る機会はなかなかなかったと思います。現在はインターネットが発達したことで情報発信をすればいろんな方に届くようになってきました。しかし、農家さん自身のネット上での情報発信にはまだまだ課題があると感じています。

そこで、まちなか農家プロジェクトでは、認知してもらうことが先決かと思いました。(農家さんも一緒に発信するのがベストですが)農家さんの代わりに情報発信ができればと考えました。具体的には、農家さんの想いやこだわりを取材して発信したり、都市農業の多面的機能の体験をし農家さんと会えるイベントを企画したりすることで、記事を読んだ方やイベントに参加した方が農家さんの想いや現状に共感し、ファンになり、そして行動に移ってもらえればと嬉しいと思っています。

行動するまでのイメージを先のパターンをゴールとして当てると、「普通の方→農家を知る→農家の想いに共感しファンに→地産地消としての応援orまちづくりとしての農業として応援」といった感じです。

農家さんの代わりに情報発信をし、1人でも多くの方に想いと現状を伝え、1人でも多くの方が行動してもらえるようなプロジェクトを目指したいです。

ファンになり、農家さんや農地の価値をきちんと理解した上で今なにができるのか?を考え、行動するような世界になれば、農地を残さざるを得なくなりますので、きっとより良い法改正も現実的なものになってくるのではないでしょうか。

という仮説をもって動いていますが、ここまでやりきるのは大変そうです…(笑)

コツコツと農家さんと一緒にがんばっていきたいです。

Like what you read? Give ただのこけぐち a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.