図書館とLibronを併用すれば本読みにとって最強のタッグになる理由

はじめに

こんにちは! ひめだかです。

今回は図書館ってとても便利な存在なんだということを考えてみたいと思います。

図書館って利用している方と利用していない方の差が激しい公共施設ですよね。

本や雑誌を読んだり新聞を読んだりするのが好きな方にとっては聖地のような場所にみえてしまいます。

ただ、本を読まない方にとっては自分には関係ない施設だと思ってはいないでしょうか。

自分にとってはTSUTAYAの方がよく使うという方も多いでしょう。

そこで、今回は便利な図書館の使い方をみてみましょう。

図書館の使い方

TSUTAYAをよく利用される方、一度図書館を使ってみましょう。

そうすればDVDやCDをお金を出して借りなくても済むかもしれません。

というのは、図書館は難しい本ばっかりあるわけではないからです。

まんがやCD、DVDがあり、それらは無料で借りられます。

TSUTAYAで借りたらCDなんか1枚数百円しますよね。たまたまおめあてのCDがあればもうけものです。

浮いたお金でスターバックスくらいは行けるかもしれませんね。

ただ新譜があるとは思わないでください。それはちょっと図書館がかわいそうすぎです。

Amazon見つけた欲しい本を借りよう!

図書館は現在では当たり前のようにインターネット上で検索ができ、予約することができます。

そして自分の番になればメールで知らせてくれます。

ブログを読んでいると書評などがあって読みたい本がAmazonのリンクとともに掲載されていますね。

もし、その本が図書館にあれば借りてみたいと思いませんか?

それを知ることができるブラウザの拡張機能やアプリがあります。

「LIBRON」というサービスで提供されているのですが、 SafariやChromeなどの拡張機能で

www.libron.net

Amazonの該当する本のページへ行くとあらかじめ最寄りの図書館を登録しておくとその図書館に該当する本があった場合には予約ページに飛んで予約ができるという便利なアドインです。

スマホしか持っていない場合もLIBRONのアプリがありますので同様のことができますが、

アドインと違ってシームレスにはできません。そこがちょっとめんどくさいところですが。

同様のサービスを提供している「カーリル」というサイトがあるのですが、

こちらでは県内のすべての図書館や大学の図書館を横断検索してくれます。

こちらもLIBRONから橋渡ししてくれます。

まとめ

図書館は堅苦しいと思われがちですがとても便利なサービスを提供してくれています。

これらがすべて税金で運営されているので利用しないと損です。

欲しい本の一部でも図書館で借りることができ、読んでみて購入することもできますので

図書館には学生時代以来行っていないといわれる方も一度足を運んでみてください。

おめあての本以外にも思いがけない本との出会いがあるかもしれませんよ。

2016.10.25追記

わかりにくかったのでリンクと画像を追加しました。

Originally published at www.kotsu2life.com on September 5, 2016

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.