カメラが動いた!

まさか!まつさか!どかん坂!

頂き物のリコーフレックスをカメラにするね。

シャッターに注油すれば大丈夫だろうと思って、分解開始。

ここまで分解したら、この先どう分解刷るかが分からなくなった。で、どこかをいじったら、シャッターが切れた。

いくつか二眼レフは触ったことがあるけど、これは想定外の動き方

山桜をバックに。

早速テスト撮影だよ。

使ってみて分かったのは、徹底して価格を押さえた作りになっていることもあり、使い勝手ははっきり言って良くないんだ。Wikiで調べたら、昭和28年製。値段と作りが反比例していた時代を象徴する製品と言ってもいいよね。

それにしても終戦から10年もしないのにこれだけの製品を作れたなんて、当時の日本の技術力は凄いですね。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Ichiro Kozuka’s story.