外に出れば、みんな日本代表

友人達との楽しい食事会。ヨーロッパの人たちとはお酒を飲むほど、政治や宗教の話が増えていきます。なぜだろう?笑みんな普段聞かないことを、お酒を飲みながらだと聞きやすいのか。


「日本はどうなの?アジアはどうなの?」

熱心に相手の話を聞いていたら、気付くと話題を振られる。

そう、ここではあなたは日本代表だ。あなたが伝えたことは、相手にとっての日本のイメージとなる。だけど、気負う必要はない。あなたの中にある知識や理解を伝えたらいい。

色んな角度からの質問がくる。

日本に外国人っているの?移民はどれくらい?

宗教は何があるの?クリスチャンいるの?でも、結婚式はクリスチャンでするんだよね?

伝えたいことは、たくさんある。

移民はあんまりいないよ。田舎だと外国人は目立つかな。電車に乗ったら、ほとんど日本人しか見ないと思うよ。

宗教は、仏教と神道がメインかな。でも、結婚式はキリスト教風にするよ、偽物の神父さんと一緒にね。

まだまだ上手く英語で言えない。みんながこっちを見てると尚更緊張する。でも、伝えたい。彼らにとっては、私が唯一の日本人の友達かもしれないから。そのためには、もっと日本の歴史や政治や経済を勉強しなくては。それを、英語で伝えられるようにならなくては。

そんなことを思った夜でした。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.