アルパインクライマーにはなれない

最早(というか昔からだが)、アルパインクライミングはある程度の死の可能性の上にある。死の危険を冒さなければ初登攀などない。

危険のないクライミングはゲームだ。安全なクライミングをしたかったらそれはアルパインクライミングではない。

経験値によって危険察知の精度が上がり、危険性は変わらないと他の人は言うが、自分にとって経験値はテクニカルとスピードの向上であり、経験を積んでも危険に対する自信が得られるということではない。

そういう意味ではテクニカルには劣るものの、危ないことをする勇気のある彼らはアルパインクライマーになることができる。