今日の太極拳

教室のお稽古で感じたこと

太極拳が大好きです。そして、今日も太極拳のことをお伝えできて、幸せです。

教室でやる事は毎回同じです。立禅、スワイショウ、八段錦、太極拳24式、立禅、スワイショウという流れです。

立禅とは…立ったまま腹式呼吸を繰り返して心を落ち着けるもの。

スワイショウとは…背骨周りをほぐす準備運動

毎回この繰り返しですが、体調や心の持ちようで動きやすかったり、動きにくかったりと毎回新鮮な気持ちで舞うことができます。

太極拳の動きが、日常ではありえないくらいゆっくりなので、その日の自分の身体の状態をしっかりと感じながら動けるんですね。

終わった後に、身体のポカポカ感や凝りが解消されてスッキリした感じを味わえるのは、きっと意識して動いているからだと思います。

今日は体験者がいらっしゃいました。手足の先がポカポカと温まるのを強く感じらたそうです。

太極拳で皆さんの身体や心をほぐすお手伝いができることが、私の身体が楽になることに繋がっています。

明日は、どんなお稽古が待っているのでしょうか?

Like what you read? Give さとうゆうこ a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.