テスト投稿の代わりの映画レビュー

インド映画「きっと、うまくいく」を今さらだけど見てみた朝なう

もう流行った後っぽいんだけど、面白いという話をちょっとだけ聞いたので見てみた。

なんか、インド映画全体としての話は以前、「ハリウッドに負けない数映画が作られてる」とか「独特な歌パートが入る」とかって聞いたことがあったから、そのインド映画界からついに大きく海外に飛び出た作品が出てきたのかなぁ、でもメキシコ的なあのミュージカル感が押し出されてたらどうしようって気持ちで見始めました。

(!)ネタバレ無し、の制限で書くつもりですが、個人の裁量なのでご留意を。

感想としては、鑑賞後は晴れやかな気分になりましたね、そういう気分になれる素敵な映画だと思います。

まず、序盤に感じたのは劇中のジョークがいくらか独特なこと。

しかし、これは僕らが聞き慣れてないからでしょう。同じ海外でもアメリカンジョークを聞く機会は多いので違和感が無いのでしょうから、そんなもんかな、という感じで見てました。

が、後半になるに連れてめちゃくちゃ笑えた部分もあったので、序盤はインドなりのジャブだったのかもしれません笑

それから、しっかり歌パートもありました笑この映画は歌のパートのみに冗長さが感じられるので、そこだけは本当にスマホ弄って見るくらいでもいいかもしれませんね。

また、途中はヒヤヒヤするシーンが多かったのですが、絶叫マシーンが嫌いな僕が、今、絶叫マシーンに乗せられているような、本当にあたふたしそうになる恐怖が新鮮でしたね笑

最後まで見た時、僕は主演の3人のことが本当に好きになりました。これも映画のマジックですなぁ(序盤には思いもしなかった)!この映画が勧められている意味が分かりました。

レンタルDVD店で取り扱ってる数少ないインド映画のはずなので、きっとすぐに見つかるハズです。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated ʞuıd‾ǝɥʇ‾ɐɯnʞ’s story.