個々の問題とメタな問題
kuranuki
181

メタな視点の鍛え方とブログを書く理由

メタな話の続き。

メタ視点を持つことで、仕組みに出来る。でも、普段からメタに見るのは難しい。つい、目の前のことでいっぱいになってしまう人もいるかもしれない。

どうすれば良いか。

人それぞれだろうが、私の場合は、いつもブログを書きたいと思っていることが、その視点を持つきっかけになっている。


私のブログ”Scocial Change”では、日々の出来事を記した日記として書いていない。ただの事実を書いても読者を意識したものにならないし、仕事で起きたことをそのまま書くことも難しい。

だから、学びという形で結晶化した話を書くようにしている。少し抽象化して書くことで、読者の個別のシーンにも対応できれば、と考えている。

ブログに書く時点で、事実という具体的な現象を、少しメタな視点で見直して、抽象化している。これが自分の頭の整理にもなっている。


ブログに書く文章は、なるべく理路整然としたものにしたい。最近は多少、発散して脱線しても、読者の人たちは理解して、楽しんでくれるということもわかってきたけれど。自分の気持ちは構造化された文章にしたいと思って書いている。実際に書けているかどうかは、さておき。

ブログを書く際は、最初にどういう段落にするか、アウトラインから考えて書く。書いている途中で構造を見直し、段落を抜き出し、冗長な箇所を消したりする。そのために何度も推敲するし、時間もかかる。

ちなみに。Mediumに書いている文章は、アウトラインから考えずに、思考のままに上から順に書いて、推敲もあまりせず、編集を加えずに出している。そういう場所にしようと書いている。だから、フワフワしてるし、言葉足らずでツッコミどころも多く、ネガティブなコメントも頂く。

自分では、そのスタンスで書いているのだから、的外れな批判を受けても気にしなければ良いのだけど、人間だから多少は気になる。それで少しずつMediumもちゃんと書こうかという力が働きかける。まだ大丈夫、思ったまま書いている。


閑話休題。

ブログでは、なるべく多くの誰かに読んでもらうことを前提にして、読んだ人にとって納得のいくものにしたい。だから整理をする。

自分が経験したことを、学びとして結晶化するだけでなく、誰かに伝わるように整理する、少なくとも整理をする努力をすることで、自分の中にも納得のいくロジックが出来上がる。

そうすると、再現性ができる。起きた出来事を、そのまま取り組んで終わらせるだけでなく、他の場面でも共有できる。組織でいえば、それがそのまま組織のナレッジとして蓄積される。

知識創造企業に出てくるSECIモデルの暗黙知から形式知にするのを一人でやっているようなものかもしれない。それを自社の社内に限定せずに社会に還元するために、ブログで公開している。


実際にブログとして書く際には、すごく考える。色々な立場や観点から考える。考えきれずにお蔵入りになることも少なくない。ただ、この考えるプロセスが自分にとって、脳を鍛える訓練にはなっている。

ブログにするには自分の意見でないと、自分のブログに書く意味はない。そこで表明する意見は、果たして本当に自分で納得しているか、そこを考える。これは自分の考えの軸を育てることにもつながっている。

人の思考は言葉に支配されている。言葉にすることで思考は育ち、言葉を受けて思考は変わる。言語化することは、思考力を鍛える上でとても重要なことなのだろう。

このように、ブログとして書こうとするだけで、抽象化する力、整理する力、思考する力を育むことができる。その代わり時間がかかる。その時間は惜しいが、投資するに値すると踏んでいる。


自分にもメリットがあるからブログを書く。ブログを書きたいと思う。ブログを書こうと思っていると、ネタが欲しくなる。

そうすると、日々の仕事をしながら、個々の問題に取り組みながら、メタな視点を持って、これはブログのネタになるな、と並行で考えるようになる。

打ち合わせで個別の問題にアドバイスをしながら、これは別の人にも通用するな、と考える。後でブログにしようと考えている。

この記事を書きながらも、ここでの発見をさらに整理すれば、ブログに出来そうだ、なんて考えながら、書いている。メタライティング。そんな思考の下書きを公開する実験をMediumでしている。

これが、私のメタな視点の鍛え方。