StartupListに関するQ&A全般

Yusuke Kurishima
May 19, 2018 · 8 min read

Q.実際の起業家、投資家の利用状況を知りたい

A.開始から1年間の実績は以下の通りです(当社推計)。2019年5月31日現在の時点では、サインアップ数4,000アカウントを超えております。

登録されている投資家・事業会社の一部はこちらに掲載しております。



Q.VCやCVCのような投資家ではなく、事業会社として登録することは可能か?

可能です。事業活動の結果としてスタートアップ企業と事業連携や出資の可能性があるのであれば登録することが可能です。もしご不明な点があれば運営までお問い合わせください。

https://supernovacommunity.typeform.com/to/OrIE8A


Q.エラーが発生して登録できない。

A.お手数ですが以下のフォームよりご登録ください。運営よりアカウント発行対応いたします。なお、審査通過者のみ発行としますのでご了承下さい。また、会社のセキュリティ設定によっては登録メールが届かない場合がございます。その場合も以下のリンクよりお申し込みください。

【起業家登録フォーム】
https://supernovacommunity.typeform.com/to/ngKSwj
【投資家・事業会社登録フォーム】
https://supernovacommunity.typeform.com/to/RYtmCK


Q.確認用のチェックボックスを押したが、コンタクトオファーが出来ない。

A.(起業家の場合)コンタクトオファーする際に、以下のポップアップが表示され「3つ」のチェックボックスをクリックしないと送信できないようになっております。そのため、全部チェックされているかスクロールをして確認ください。

3つチェックされていると進捗バーが100%になり、コンタクトオファーを押すことができます。


Q.登録する際の審査基準はどのようなものか?審査が通らないがどうなっているのか?

A.審査基準の開示を控えさせていただいております。国内のスタートアップエコシステムを健全化するために独自の審査を実施しております。起業家は飲食店等の通常のベンチャー企業ではなく、IPO・M&Aを目指すスタートアップ企業が対象となります。投資家はスタートアップ企業に理解のある投資家(VC・事業会社等)が対象になります。

なお、スモールビジネスの方の登録の場合、審査通過しない場合がございます。その際は特に審査落選等の連絡は実施しません。予めご了承ください。

審査を通過した場合は、審査通過連絡が届きます。また、お問い合わせいただいても返答しかねますのでご了承ください。基本的に返答は審査中になってから1週間以内となります。


Q.金融商品取引法を遵守するため起業家の情報開示回数を「月6回まで」に設定されているが、この理由は何故か?

A.金融商品取引法における有価証券の「募集」行為に起業家が抵触しないようにしております。起業家が行政法違反とならないようにするための措置です。なお、適格機関投資家・適格機関投資家特例業務に該当する投資家であればオファー回数が減少しない設計になっております。

詳細は以下のリンク先をご確認下さい。

Q.登録・利用するために費用はかかるのか?

A.基本的に起業家・投資家共に無料でご利用可能です。ただし、起業家が投資家の情報を『自ら』検索・比較・連絡する場合は月5,000円のシステム利用料をいただいております。マッチングフィーも不要です。また、無料状態でも起業家が投資家からのコンタクオファーをもらい連絡をとりあうこと、情報をみることは可能です。

2019年7月より投資家・事業会社向けの法人プランも開始します。そちらの利用を検討する方は別途運営までお問い合わせください。

https://supernovacommunity.typeform.com/to/OrIE8A

なお、創業初期の起業家向け支援プランも提供しております。こちらは「申請制」ですので、以下のフォームよりお申し込みください。


Q.このサービスを利用して起業家と投資家が出会ったことで資金調達が実現した場合、何か料金は発生するのか?

A.発生しません。起業家が自ら投資家の情報検索をするためにアップグレードする以外で発生する費用はございません。


Q.投資家として登録する場合、会社としての登録なのか?個人としての登録なのか?

A.投資家の場合は個人(担当者)毎に登録いただいております。今後、担当者を一括管理するための会社アカウントも準備する予定です。また、現時点において個人名義での登録は原則禁止としており、必ず「法人」及び「担当者名」で登録いただいております。



Q.お墨付き機能にはどのような意味があるのか?

A.起業家・投資家エコシステムの根幹には相互の信用関係があり、誰が支援をされているか、評価しているかという事実が大変重要です。そのため、StartupListではその信用関係を可視化すべくお墨付き機能をつけております。是非ご利用下さい。


Q.投資家に連絡した際にコンタクトオファー数が減らない時があるがなぜか?

連絡をした投資家が「適格機関投資家」もしくは「適格機関投資家特例業務」に該当するためです。


Q.BASICプランからfreeプランにするとメッセージのやりとりはどうなるのか?

引き続き起業家・投資家間のメッセージのやり取りが可能となっています。また、承認された方の情報はfreeプランでも詳細情報を見ることが可能となっております。安心してfreeプランに転換ください。


Q.投資家向けにどのような資料を作ると良いか?

投資家向けピッチ資料テンプレを作成しましたのでご活用ください。ピッチに入れるべき要素の考え方等も含めて解説をしています。シェア歓迎で流用いくらでもOKですので、ご自由にご活用ください。

資料ダウンロードリンク:https://drive.google.com/drive/folders/1Nhc2-uTNJC_zzPFXHQzR-4uRQkU0gco9


Q.どうすれば投資家に認めてもらえる事業を作れるか?

参考までにスタートアップの成長フェーズ毎に何を検証するか、投資家から見た起業家の評価基準は何か、投資家向けのピッチ資料はどう作るのか、どう投資家とコミュニケーションとるのかといった内容を記載した資料リンクを掲載します。


Q.事業連携のオファーも可能か?

A.可能です。実際に事業会社(主にCVC)も多く登録しているため、事業連携や共同事業について連絡を行い、実際に連携が開始された事例が既に数件出ております。


最終更新日:2019年6月27日

Yusuke Kurishima

Written by

ProtoStar Inc. Co-Founder. Startup Eco-System Builders. Providing Startup List Beta for Entrepreneurs and Investors. https://www.startuplist.jp/