「私は小説が読みたいわけじゃない。この意味はわかる?」

「わかると思う」

「でもあなたは違った」

彼女のいらだちは、あるいは世界へ向けられたものだったのかもしれない。今となっては確認しようもないけれど。

そしてメタファーとしての彼女が、今日僕を本屋に誘ったのだ。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated くろたま’s story.