親指シフト一週間

ポメラを買ってから親指シフトを練習しだして一週間。

非常につらい。ローマ字入力は手数が多いとはいえ話すような速度(比喩)で打てていたのに、親指シフトは手書きより遅い。

キーボードを見ずに覚えたほうがいいということで、キーの位置を一生懸命思い出しますが、思い出せても今度は指が動かない。どの指を動かせばいいのか、どちらのシフトキーを押すのか。

なぜか「か」と「た」をよく間違える。「ら」に指が届かない。「ぉ」や「ぇ」が覚えられない。

キーの組み合わせはピアノをやっているかのよう。指を同時に動かす、左右で違う動きをするというのができなくて早々にあきらめたことを思い出します。

しかし、集中して打ち込んで五文字程度でもテンポよく打てると「これは楽しいかも」と思えます。マスターすればたしかに早く、楽に打てるんだろうなぁという予感も持てます。

一週間投資してしまったので、ここでやめたら無駄、と続けていきます。でもつらい。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.