クリエイティブディレクターという仕事

【クリエイティブディレクターという仕事】

桑原がビジネスや関与先で行っている活動の1つは、この領域に違いない。

=====

企業や商品の特性・ベネフィットのうち、どれを選定することが顧客にとって魅力的な商品になり得るかを剪定し、どのような文脈で表現するかというベクトルを設定し、的確なディレクションで多くの関係者を動かし実現する。

ブランドを一本の軸が通った存在に育てていく必要不可欠なポジションである。

=====

コンサルだけでなく手足も動かすトップ直轄の別働隊、キャンパス移転に合わせた学校の経営変革、0から新規事業・ブランドづくり、内なる理念や世界観を顕現させるインサイドアウトの創造破壊活動…

今までいろんな形で実践してきたけど、「単なる右腕というよりは、右心房右心室を持っている感覚(とある国立大学の副学長談))」

本人すら自覚のない内なる輝きにスポットライトを当て、新たな目的とダイナミックな生命観を与える。

その潜在的な価値を、ビジュアルと言葉で結晶化し、響き合いながら共創していく。

綜合的な完成イメージを理念として拡げていく一方で、市場開拓のために勝てる土俵を絞り込む。この壮大な矛盾を包み超え、エネルギーを爆発させ一点突破する。

ストライクを取るための「センターピン(これが萃点)」となる次期コンセプトを抽出し、それを体現する経営幹部を育成していく。

アメリカの企業では「チーフクリエイティブディレクター(CCD)」という役員ポジションが存在するくらい経営中枢に密接なポジションとのこと。

今まで独特のアドバンテージのある謎のハイアーなポジションで仕事をしてきたけど、この働きはぐんぐん強めていこう!⭐︎