原液を創る力

世の中には、いつ寝ているかわからないほど異常に多くの仕事をこなせる活動的な人がいれば、動きの少ない変わり映えのしない人もいる。

後ろ向きでトボトボと徒歩や自転車しか選べない人と、
ファーストクラスで快速・快適に人生が展開する人とでは、生きる人生が明らかに違ってくる。

その違いを生み出すセンターピンは、
カルピスに例えるなら

【原液】

薄めたり加工したりする前の、もとの液が原液。
平たく言うなら、オリジナルコンテンツのこと。

この原液を作れる人と
それを薄めて使うしかない人の差が絶望的に大きい。

一滴の原液は、
アメーバのように無限に増殖していく
創造の源泉。

仕事と遊びの線引きなく
無限のわらじを履ける尽きない原動力。

成功者や有名な先生の受け売りは一度聞けば飽きるけど、自ら濃いエキスの創り手に回れる人は近況報告をし合うだけで話題が尽きない面白さがある。何度でも聴きたくなる独特の魅力がある。

ドラッカーやアドラー、どこかの資格の名を借りる先生は増えている。
その学びを全身で体現し人生に反映できているならいいけど、ただの頭でっかちだともう悲惨と言うしかない。産地直送で学ぶのが圧倒的にはやいと考えている。

最も濃度が濃い上流・源流にあるのが、
原液。

原液や一次代理店ならウマミが濃いけど、
それ以下はウマミが薄まっていく。

一部分から全体へ移動し
源流に限りなくさかのぼることで、
次元の全く異なる学び方ができる。

この内なる原液を、
根っこから引っ張りあげるのが、
【Roots】の目的のひとつ。

独自の調合・創作を繰り返し、
自分にしか生み出せないオリジナルの
【原液】を生み出すべし!

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.