【”デジ×アナ”フル活用】オンラインレッスン

オンライン講座の受講生のために
「“デジ×アナ”フル活用」特講を実施💡

【情報の収集ー編集ー発信】という
「編集プロセス(情報の通り道)構築」
綜論と具体論をウェビナーで共有しました!

【情報の収集ー編集ー発信デュアルサイクル】

この創造体質が身につくと、
時間・場所を選ばない知的生産活動を可能にします。

✅様々な世の中の情報を
脳内を整理してまとめてアウトプットしていく

✅いろんなひとと出逢い、価値観を聞いて
自分なりに咀嚼して、周りに役立つように発信する

✅情報の洪水の中にあって、際立つ存在感を放つ
”光る”情報発信で選ばれる自分ブランドを構築する

✅束縛なしで自分らしく貢献できる
オリジナルコンテンツを創造する

→マスターできるとコンテンツ量産体制に突入します♪

ハワイでも旅先でもどこでも仕事ができる肝の一角はコレ!

津々浦々〜🎵

自分で自分の人生を「編集」できなければ、
誰かが作ったもののほんのわずかな分け前を得て
生きるしかありません。

自分の世界観を創り、創作活動を行い、
そこに人と場を巻き込むための要が
「クリエイティブ・プロセス」

皆様にもお届けしますね(°▽°)

┏━┓
┃1┃散乱する情報の一元化で一点集中
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Evernoteには、様々な使い道がありますが、
最大の利点はメモを1カ所にまとめておけることです。

いざというときに即座に取り出せるように
情報を価値としてクラウド上にストックできます。

紙のメモ帳だとそうはいきません。
PC上でも、テキスト、Word、メールなどにメモが分散していて、
それが家にも無数の紙がちらかっているとなると…

情報の分散は、生産性を阻害します。

マッキンゼーの調査によると、私たちは仕事の 19% の時間を何かを探すために使っているといいます。つまり、1 週間の勤務 5 日間のうち、ほぼ丸一日を「探す」という行為に費やしてるということです。

アイデアが色々な場所に混在して見つかりづらくなると
逆に生産性が下がってしまうのではないでしょうか?

仕事に趣味にすべての情報をEvernoteでひとまとめに
「一元化」できるのがEvernoteを愛用している理由です。

時間のムダを減らし、
やりたいことに一点集中できる環境をつくりだすためです。

┏━┓
┃2┃」デジ×アナ」フル活用で自分の人生を取り戻す。
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

情報の全体像と流れを“見える化”して
「"デジ×アナ"フル活用」しましょう。

情報の効率化や発信のコツは、

「3ノート(方眼ノート・EVERNOTE・Keynote)」
アプリなど手法や道具を増やすことに限らず、

所有するツールやアプリをうまく連携して使うことだと考えます。

他にもZoom、ブログ、LINE@、メルマガなど多様なツールがあります。
それらを連携がうまくかみ合うほど、効率が上がり、
「自分ブランド」がより育ちます。

この流れや意識に乏しかった頃の桑原は、

・膨大な書類がPC上の情報の洪水に溺れる
・各ITツールは中途半端で使えず凍結・放置
・学びっぱなしで見返しもしないセミナー資料にまみれる
・肝心なときに情報がどこにあるか探せない

その結果、
宝の持ち腐れでほぼ活かせないという
なかなか悲惨な状態でした。

そこで一念発起して、全面大掃除
「全情報のクラウド化」を決心したという背景があります。


【原則1】無駄をなくす

【原則2】徹底的にこだわり抜く

【原則3】あえて「遊ぶ」


第一に「断捨離」

未来に必要な情報を抽出し、それ以外は廃棄しました。

モノだけでなく、PC上も!
例えば、不要なメルマガの解約、ファイルの消去なども

それで、選び出した情報や資料をEVERNOTEに突っ込み、
完全に電子化したのです。

そこから現在進行形で増えゆく資料や学びも、
「ストック情報(即・価値発信に使える)」に
定期的に置き換えています。

この記事もそうやって編み出しています!

その核となるサイクルが
【情報の収集ー編集ー発信】です。

情報の入り口から出口を一旦
「徹底」的にデザインし切ったのです。

そうやって情報サイクルを高速回転させていると、
【情報の遮断ー発酵ー湧出】という

もうひとつの創発サイクルが脳内で自ずと回って
「閃き」に変わることでしょう。

また、クラウドを活用している企業や女性起業家の間でも、
手帳やライフログはアナログでという方も多く見てきました。

このへんはデジタルとアナログを行き来させる、
バランス感覚や統合力が問われるところですね!

デジタルで時短を極め、
アナログで満足感を高めていきましょう。

時間割や情報の流れを自分で組み立てれるほど、
暮らしに豊かさや潤いを取り戻すことができるのでは?

┏━┓
┃3┃要は、「グランドデザイン」の明瞭化
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ツールやその使い道は多種多様で
これからも増えていくと思いますが、

肝心なのは、

✔️なんのためにツールを使うのか?

✔️道具を活かして何を実現したいのか?

情報の「グランドデザイン」が肝心です。

「人に伝える・シェアする」といった
利他心がベースにあるとより淀みなく軽やかに、
自分のアウトプット力をうまく発揮しやすいと思います。

そこまで情報というものを「消化」して、
「昇華」させたいものですね!

◎第4の経営資源「情報」
◎第5の経営資源「時間」

【人生の経営者】としては、

ライフスパンに視野を広げ
こういったヒト・モノ・カネの先にまで
デザインの幅を拡げる必要がありますね!

これは「情報との ⑴向き合い方 ⑵活かし方」という独学の域。

色々と根っこや枝葉を伸ばし
挿し木やカスタマイズしながら、

ぜひ自分自身の
「生解(Living-Solution)」
生み出していってくださいませ💡

この【”デジ×アナ”フル活用オンラインレッスン】は、

ウェビナーの方が伝えやすい手応えを覚えたので、
オンライン上で必要な人と組織にお届けしたいと念っています。

💡散らかった脳内を整理して
アイデアをカタチにしたい方!

💡「オリジナルコンテンツ」の量産体制に入るべく
「創造エンジン」を起動し「創造体質」になりたい方

ぜひお待ちしています!

Like what you read? Give Kyosuke Kuwahara a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.