祇園祭・宵山の様子/Seneoクリップ式スマホ用レンズ

もう1週間以上過ぎてしまいましたが、7月16日に家族で祇園祭の宵山に行ってきました。「にぎやかなお祭りの様子を動画で撮影しなければ!」と思い、iPhone 6s PlusとMV88を持って行ったのですが・・・なんと、iPhone 6s Plusで動画撮影するときには必須のShoulderpod S1を持っていくのを忘れてしまいました・・・。

というわけで、若干手ぶれがひどいですが、日本三大祭の1つである祇園祭の宵山の様子をご覧ください。

ちなみに、この動画、通常のiPhone 6s Plusの映像よりも広角で記録されているシーンがあることに気づかれた方はいらっしゃるでしょうか。実は、シーンによっては、iPhone(などのスマホ)に取り付けるクリップタイプのレンズを使用しています。私が使用したのは、こちら。

seneolensset - 1

Seneoという会社が販売しているレンズ3点セットです。Amazonで税込み2,000円でした。

seneolensset - 2

パッケージ側面のイラストから、0.36倍ワイドレンズ、180°魚眼レンズ、20倍マクロレンズがセットになっていることがわかります。

seneolensset - 3
seneolensset - 4
seneolensset - 5

箱を開封すると、コンパクトな収納ケースが現れます。

seneolensset - 6

3種類のレンズとレンズクリーナーが収納されています。

seneolensset - 7

ケース内の仕切りネットにクリップではさんで収納します。これにより、ケースを開けたときに不用意に落下したりすることがありません。

seneolensset - 11
seneolensset - 12

iPhone 6s Plusに装着するとこんな感じです。

seneolensset - 8

マクロレンズで新聞紙を撮影してみました。紙の繊維まで見えますね。

seneolensset - 9

新聞のカラー写真の拡大。

seneolensset - 10

9.7インチiPad Proのディスプレイに映し出されたアイコンの拡大。

マクロレンズと魚眼レンズはほとんど使うことはないかと思いますが、ワイドレンズは動画撮影時に使用するとより臨場感が増した映像になります。

これからは、iPhone 6s Plusで動画撮影するときはShoulderpod S1、MV88、そしてSeneoのクリップ式ワイドレンズが必須アイテムになりそうです。


Originally published at Mac弁@lawyerhaluのブログ.

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.