2016年5月MUGNET定例会

昨日(2016年5月18日)は、大阪のアップルユーザーグループMUGNETの定例会でした。MUGNETは、配信回数1300回を超えるポッドキャスト番組「Apple News Radio ワンボタンの声」のパーソナリティーである山村さんが代表をされている老舗ユーザーグループで、定例会は原則として月1回開催されています。私は、昨年6月から参加させていただいていますので、来月の定例会で、MUGNET定例会に参加するようになってちょうど1年になります。

今回の定例会は、大阪市天王寺区にある「クレオ大阪中央」で開催されました。MUGNET定例会は、大体、このクレオ大阪中央か、大阪市北区にある「北区民センター」で開催されています(以前ブログに書いたように、豊中市の服部天神駅近くにある「手打ちうどん 錢形」さんで開催されることもあります。)。

定例会はいつも19時から開催されているのですが、昨日は、仕事の打ち合わせがちょっと長引き、私が会場に着いたのは20時前でした。会場に着くなり、山村さんに「例のやつ、見せて!」と急かされたのは・・・

IMG_1347

先日このブログでご紹介した「Insanely Great Histrory of Apple 3.0」です。みなさん、初めて手にしたApple製品を探したり(今回の参加者の中には、Apple][が初めてのApple製品だった、とおっしゃる方もいました。)、昔持っていた製品との思い出を語ったりと、食い入るように見ていました。

普段のMUGNET定例会では、山村さんがプロジェクターを使ってApple関連のニュース、話題などを紹介し、それらについて参加者がいろいろと意見、感想、関連情報などを好き勝手に話して盛り上がる、という感じで進行しています。ワンボタンの声をお聞きの方ならわかるかと思いますが、前半のアップル関連のニュースについての紹介コーナーの収録に参加しているような感じです。また、今回の私のように、何か目新しいものを持ってきた参加者がいれば、それをみなさんに披露してご紹介したりもします(写真を撮るのを失念していたのですが、今回は、山村さんがKickstarterで出資して入手された「Arduboy」というオープンソースの極小ゲーム機を持参されていました。ディスプレイは白黒なんですが、有機ELを使用しているということで、とても鮮明でした。自分でプログラムができるということで・・・ちょっと欲しいかも…。)。

また、今回の定例会では、少しお時間をいただき、「Anchor」をみなさんにご紹介させていただきました。私のiPhoneの画面をプロジェクターで投影し、Anchorを通じてどのように音声で交流するのかについて、説明させていただきました。
残念ながら、昨日の定例会の場で、すぐにAnchorに登録したという方はいらっしゃいませんでしたが(こちらの記事を読んでいただければわかるかと思いますが、登録するにはいろいろと手間がかかるのと、若干の英語力が必要なので、実際にはその場ですぐに登録というわけにはいかないんですよね…。)、これからもAnchorユーザーが増えるよう、機会があればあちこちでご紹介していきたいと思います。

ちなみに、私のAnchorアドレスは、こちらです。iPhoneユーザーの方は、ぜひインストールして私をフォローしてください!

定例会が終了するのは、いつもだいたい20時半から21時前くらいで、終了後は、場所を移動しての懇親会です。クレオ大阪中央で定例会をやるときは、上本町ハイハイタウンの和民で懇親会をする場合が多く、今回も和民でした。懇親会では、食事をしながら、アップル関連の話題を中心に、なんやかんやと盛り上がります。

というわけで、MUGNET定例会は、アップルファン、ワンボタンの声のリスナーであれば、楽しい集まりであることは間違いありません。開催日時、場所の案内は、ワンボタンの声のエンディングで山村さんが告知されるほか、こちらのページでも告知がなされますので、興味のある方は、是非是非ご参加ください!

(そうそう、今回の定例会には、ワンボタンの声の姉妹番組である「iPhone小町」のjuneさんも参加されていました。「iPhone小町の配信はどうなっているんでしょう?」と聞いてみたのですが・・・まぁ、山村さんもいろいろとお忙しいようですので、気長に待ちましょう^_^。)


Originally published at Mac弁@lawyerhaluのブログ.

Like what you read? Give halu(はる) a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.