iPhone 6s Plusのファーストインプレッション

iPhone 6s Plus 128GBを発売日である9月25日(金)に入手しました。2日ほど使用した時点でのレビューです。

1 デザイン

購入したのは、ローズゴールド。iPhone 6s/6s Plusから初めて採用された色です。ピンク系ということで、私が持つのはどうかな・・・と思い、予約時点では少し迷ったのですが、「話のネタ」にするのであればやはりこの色だろうし、あまりにも恥ずかしいようであればケースを付ければいいと思い、ローズゴールドにしました。

実際に手にしてみると・・・アップルのホームページに掲載されているものとほぼ同じような色味ですが、つや消しのメタリックなので、光の当たり具合で結構色味が変わります。つや消しのおかげて上品なピンクに仕上がっており、私が持ってもそれほど違和感はないかなと思っています(違和感あり!と思う方は、遠慮なくご指摘下さい…。)。

というわけで、ケースはしばらく透明のものを使うことにします(ケース選びの注意点を後述します。)。

ただ、デザイン上で残念なのは、上部と下部の背面から側面にある白い樹脂製のライン(通称「Dライン」)です。

IMG_8371.JPG

上部Dライン

IMG_8370.JPG

下部Dライン

これは、先代のiPhone 6/6 Plusからあるもので、本体に金属を使用しても効率よく電波を通すために設けられているものらしいのですが、このDラインが結構目立ち、せっかくの美しいデザインを台無しにしてしまっています(このDラインによって全体が引き締まるという方もいらっしゃるようですが。)。

少し前に、アップルが電波を効率よく通す金属を開発し、次期iPhoneに採用か、という報道があったのですが・・・来年のiPhone 7からはこのDラインがなくなることを期待しています。

2 サイズの変化

アップルによると、iPhone 6s Plusのサイズは、先代のiPhone 6 Plusと比較して、

高さ +0.1mm

幅 +0.1mm

厚さ +0.2mm

重量 +20g

とのことです(http://www.apple.com/jp/iphone/compare/)。

高さ、幅、厚さの増加については全く感じられませんし、重量についても、6s先代6 Plusと6s Plusを両手に持って比較するとかろうじて重くなったかもと感じられるという程度であり、問題はありません。

ただ、この0.1〜0.2mmのサイズ変化により、ケース選びでは若干注意が必要です。量販店などではiPhone 6 Plus用のケースのほとんどが「iPhone 6s Plusにも対応」として販売されていますし、実際、装着自体は可能だと思われます。ただ、6 Plus用として精巧に作られていればいるほど「遊び」の部分が少なくなり、ハードタイプのケースだと、一旦装着すると今度は取り外しが困難な場合もありそうです。

実際、私は、品質に定評のあるパワーサーポート社の「AirJacket」を購入したのですが、装着は思いのほかキツく、一旦装着すると、今度は取り外しが著しく困難でした。同社のホームページに取り外し方法が掲載されていますが、最初の「下方のイヤホン側の角から、両手の親指でエアージャケットを押して外します。」というのが、私にはできませんでした。どうがんばっても指で取り外すことができなかったので、ケースの開口部分にプラスチック製の定規を挟み込み、その定規を少しずつずらしてなんとかケースを変形させ、ようやく取り外すことができたという次第です。iPhone本体に傷がつかないかヒヤヒヤしました・・・。

※サイズの問題についてパワーサポート社の方からご連絡を頂いたので、別途追記しました。

これ以外に、アップル公式の「ケースデザインガイドライン」によると、iPhone 6s/6s Plusの場合、タッチスクリーンの端までケースが届く場合は液晶面から120度角以上の空きを作る必要があるとのことですので(Macお宝鑑定団Blogより。)、この点でもケース選びに注意が必要です。

また、ケースではありませんが、液晶面を保護するガラスフィルムの中には、6sには微妙に合わないというものがあるようです(ASCII.jp×デジタルより)。

(なお、このケース選びの注意点をFacebookに投稿したところ、EURO STYLEの中の人から、EURO STYLEが販売している保護ガラス「REAL SHIELD」については、実機に装着して完全対応していることを確認したとのコメントを頂きました。)

3 機能の進化

(1) レスポンスの向上

アップルによると、Touch ID(指紋認証)の速度が先代iPhone 6より速くなったとのことですが、iPhoneのロック解除に指紋認証を設定していると、その速度は確実に体感できます。先代の場合、ロック解除のためにホームボタンを押した後、一呼吸の間をおいて指紋認証しロック解除という感じだったのが、ホームボタンを押すとほぼ同時に指紋認証しロック解除されてしまいます。したがって、ホームボタンを押してロック解除する場合は、ロック画面の壁紙が表示されるのは一瞬だけです。

各アプリのレスポンスも、先代に比べると向上しています。私がかなり前から常用しているスケジュールアプリ「さいすけ」は、先代では動きに「ひっかかり」があり、ちょっとイラっとさせられることもあったのですが、iPhone 6s Plusではかなりスムーズに動くようになりました。また、主にPDFファイルの閲覧に利用している「GoodReader」では、102MBほどあるPDFファイルでもサクサク閲覧することができます。

アップル公式の情報ではありませんが、搭載RAMの容量が1GBから2GBに倍増したようなので、レスポンスの向上はプロセッサが強化されたことに加えてRAMが増えたことも寄与しているのかもしれません。

また、先代では、突然アプリが終了することが少なからずあったのですが、RAMが増えたことにより、これが減るのではないかと期待しています。

ただ、私が使う範囲では先代でもそれほど大きなストレスがあったわけではなく、アプリのレスポンスが向上したといっても先代に比べて劇的に向上したというわけではありません。あくまで、「おっ、ちょっと軽くなったな。」と感じる程度です(重い処理を伴うゲームや動画・画像編集系アプリなどでは劇的な向上が期待できるのかもしれませんが。)。

(2) 3D Touch

ディスプレイを指先で押し込む力を感知する3D Touchの導入により、少し押し込む「Peek」と更に押し込む「Pop」の2種類の操作が追加されました。現在は、まだ対応アプリが限られていてこれらを使う場面はそれほど多くはないのですが、対応しているアプリに関してはかなり快適に動作します。最初は、押し込む力加減が私にとってはやや難しく感じたのですが、設定で3D Touchの感度を「弱い」に調整することにより、誤操作することはほぼなくなりました(設定アプリの「一般」→「アクセシビリディ」→「3D Touch」で調整可能です。)。

アップルのホームページによると、3D Touchの導入により追加された操作は「Peek」と「Pop」の2種類だけで感圧レベルは2段階のように思えますが、メールアプリのメール一覧で少し押し込む「Peek」の操作をしてみると、押し込む力加減によって表示に変化をもたせていることがわかります。したがって、実際にはかなり細かく力加減を読み取ることができると思われ、今後、「Peek」と「Pop」以外の新たな操作、新たなレスポンスを導入したアプリが開発されるのではないかと期待しています。

3D Touchは起動済みのアプリの切替えにも導入されています。先代iPhoneまでは、ホームボタンをダブルクリックしてマルチタスク画面を表示させてアプリを切り替えていたのですが、6s/6s Plusでは、スクリーンの左端を強く押したまま指を左へずらす「エッジプレス・ジェスチャー」によりマルチタスク画面に移遷し、そのままその指で他のアプリに切り替えることができます。上記のとおり、アップル公式の「ケースデザインガイドライン」においてタッチスクリーンの端までケースが届く場合は液晶面から120度角以上の空きを作る必要があるのは、この「エッジプレシ・ジェスチャー」を快適に作動させるためです。

(3) カメラ機能

背面カメラの画素数が、先代は8メガピクセルだったのに対し、iPhone 6s/6s Plusでは12メガピクセルに向上しました。しかし、私のような、カメラ・写真の素人が日常使いする分には、先代の画素数でも十二分すぎるくらいきれいでしたので、2日使っただけでは画素数向上によるメリットは感じられません。

新機能「Live Photos」(シャッターを切った前後1.5秒の動画を同時に撮影して、3秒間の動きを伴った写真を撮影する機能)は、今のところ対応しているのがiPhone 6s/6s Plusの写真アプリだけなので、使い道がありません。対応するアプリ、サービスが増えれば面白くなるでしょうが、どうなんでしょうね。とりあえず、最初は面白がってLive Photosをオンにしていましたが・・・このレビューを書きながら、オフにしてしまいました。

動画撮影は4Kに対応しましたが・・・私には今のところ使い道が・・・。

以上、iPhone 6s Plusを2日ほど使った限りでのファーストインプレッションでした。また、気付いたことなどがあれば追記します。

ご質問などがあればご遠慮なく。

2015/10/2 20:20追記

パワーサポート社のiPhone 6 Plus用Air JacketをiPhone 6s Plusに使用することについてパワーサポート社に問い合わせたところ、

「弊社ではiPhone6 Plus用の製品が6s Plusにも対応していると考えており許容の範囲内と考えております。
また、iPhone自体の個体差と弊社Air Jacketの個体差により、きつくなってしまい外しづらくなってしまった可能性も考えられます。」

との回答をいただきました。

したがって、もしかすると私の場合はたまたま運が悪かったのかもしれません。

私自身は、パワーサポート社のiPhone用ケースはかなり前のiPhoneから愛用しており、その品質の高さをとても気に入っているので、再チャレンジしてみようかと思ったりもしています。


Originally published at Mac弁@lawyerhaluのブログ.

Show your support

Clapping shows how much you appreciated halu(はる)’s story.