私にとってのポートレート 2017/07/12

・ポートレートってなんだろう。

被写体もしくは撮影者の内面(被写体・撮影者の世界・思い)
この内面とはその人の過ごした時間や世界観。今の所言葉が思い浮かばない。内面を具体的にするのが難しい

・ 自分の撮りたいポートレート

ポートレートよりスナップに近いかもしれないが、できるなら被写体の過ごしたどこかで、撮影したい。そして35mmを使用したいのは、被写体だけでなく、周りも入ることで。記憶をたどりやすくしたい。そして、私自身の足跡みたいなものを残したいのだとおもう。

たとえとしておかしいが、耳をすませばで天沢聖司の名前を図書カードで見つけた雫みたいな。

・ 人に届くポートレート

被写体と撮影者、どちらかの内面が100%に近い、もしくは重なりあっている感じ。どちらかが100%でも強い内面の写真になる。

ユーセフカーシュの写真はその人の重ねた年月とカーシュの技術が重なっている。

萩庭さんyourisonlyはその人の内面みたいな印象。

haseoさんやAlexia Sinclairさんは、写真家自身の内面

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.