パンドラの箱を開けたので鶏胸肉のコンフィを作って見た

「え、鶏もも肉じゃなくて?」と言われそうだが、コンフィ自体は作った事何回もあるし、本当に作りたいのは秋刀魚のコンフィだし、いいんです。

まぁ前の記事にも書きましたけどね、レシピ的にはやることがあまりないのですよ。

鶏肉をジップロックにいれて…

重量の約2%の塩を準備して入れる(今回は300g強だったので6g)。ちなみに雑にやらない場合は、ちゃんと一旦塩をして、ちょっとねかしておいて水分を先に出すといいと思います。今回は雑なのでドンドンいれちゃいます。

油とローズマリーを入れてなるたけ空気を抜いて…

はい。80℃で1時間半。

できあがったらあら熱を取って冷蔵庫へ。

本日の夕飯はこれをキノコと炒めて食べました。

感想としては鶏ハムより全然楽ちんでうまいと思う!どうせ持ってるならanovaのほうが断然楽。次回は中華風にして前菜に食べたい。anovaは肉を柔らかくするとかが魅力として語られる事が多いけど、とにかく楽なんだな、という気づきを得られた。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Daisuke Maki’s story.