Cansellでキャンセル料や宿泊費を大幅に節約できる。夏休み旅行の宿泊先を、お得に決めてしまおう。

こんにちは。タクちゃんです。

みなさん夏休みどこいくか決まりましたか?

宿はどんなところに泊まるか決まりましたか?

宿えらびは「Cansell」がオススメです。

ホームページのリンク貼っておきますね。

たとえば、ぼくが夏休みに行きたい

宿やホテルがあって、予約をする。

ホテルAとしましょう。

いま予約したら「早割」とかが適応されて、

安く予約ができたりしますね。

でも後になって、やっぱりべつのところ、

旅館Aに泊まりたくなってホテルAを

「キャンセル」したとすると、

キャンセル料が発生する場合がある。

だからホテルAの宿泊予約の権利

この「Cansell」で売るというわけです。

そしたらぼくのキャンセル料は

大幅に節約されます。

また、宿を見つけるときも

このCansellをつかえば、ディスカウント

された予約を買い取れるから、

安く購入できるというわけ。

ツアーにふくまれる、ホテルの予約だけを

売ったりもできる。

お金の受け渡しは、あいだにCansellが入って

やってくれるから、安心です。

手数料もゼロ。

うん。

相当いいやん。

Cansell。

注意点もあって、

宿泊客の名義が変わると泊まれないホテルは

Cansellへの出品ができない場合がある。

ということ。

これは事前にCansellに確認をとりましょう。

ぼくは、さっそく、きのう登録して

いろいろ見てみましたが、

沖縄のザ・ブセナテラス

52,000円が10,000円になって

出品されてたり、

小田原のヒルトンリゾートスパ

149,133円が35,000円で出品されている

実績があります。

だいたい2~30パーセントの割引率が

平均的な印象です。

ときどき80パーくらいのもあったりする。

80パーくらいディスカウントされてる

宿のお得感ハンパない。

むしろ、旅先を

Cansellの

ディスカウント率で

決めてしまっても

いいかもしれない。

もうすぐやってくる

夏休みのホテル・旅館えらび。

まずはCansellで見てみる。

いいのが見つからなかったら、

じゃらんや従来のネット予約で。

というのがかしこいです。