日本からみて地球上の裏側に位置する国、ブラジル。国土は日本の約22倍、人口は約2倍の大国であり、サッカーやアマゾン、カーニバルなど、様々な顔を持つ。そんなブラジル南部には、フロリアノポリスと呼ばれる、美しいビーチや湖を持つブラジル人や欧米人に人気の島がある。リゾート地である一方、IT産業が発展し、多くのソーシャルイノベーション活動が生まれていることは日本ではあまり知られていない。 そんなフロリアノポリス発のソーシャルイノベーションの一つにSocial Good BrasilというNGO団体がある。テクノロジーやデータをうまく活用し、社会にポジティブな影響を及ぼそうと活動している。今回、同団体がイニシアチブをとる「Data for Good Movement」について、代表のAna Addobati氏に話を聞いてきた。 データを活用してより良い社会へ Social Good Brasil は2012年にフィランソロピーやイノベーション分野で働いていた二人の女性が、ニューヨークで開催されたソーシャルグッドサミットから発想を得て、フロリアノポリスでソーシャルグッドフェスティバルを開催したのが始まりだ。彼女たちは同フェスティバル後、テクノロジーとイノベーションを掛け合わせたソーシャルイノベーションラボを本格的に始めることにした。

「ブラジルの沖縄」フロリアノポリス発、データで社会を変える Social Good Brasil | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD
「ブラジルの沖縄」フロリアノポリス発、データで社会を変える Social Good Brasil | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD