民王。

やっと「民王」全部観た。
最近大学のサークル博と最初模擬国連参加したわたしのことと最近世界に台湾と日本の政治事件のことが共感だ。
医学と商業のドラマより政治の日本ドラマのほうが少ない。大河劇以外政治テーマのドラマは作り方は難しかもしれないと思うね。このドラマを観て、もっと日本政治のことを理解したので、先週は結構参議院の安保法案会議のライブを観たから、第八回国会の景がおぼった、そして票数は同じ青いより白いのほうが多い。

このドラマの名前「民王」は簡単に「民意の王」と思って、最後に実は「国会人気選」こういう意味で新しい総理選挙したけど、また国民からのテレビ選挙した。(そんなリモコンと功能ほしいなぁ-) そのドラマの監督と文学作家はこのドラマで、国民みんなと政治家/政府みんなに政治を関心して政治のことを考えてくださーい!とか話したいことがある。模擬国連参加するわたし確かに最初からこの世界のいろんなことが不平とよい世界になりたいことが欲しいために会議に行った。いろんな限制と本当の政治はもっと不透明を感じたことも、社会運動とデモを参加してたことも、下から上に世界と社会をチェンジしたいために小さいことやってたわたしもっともっと多いこと感じている。

ちなみに多分みんなが知ってること。台湾の、香港の政府はどうやってヒマワリデモや台湾高校の歴史教科書デモや傘のデモやってる人に対处してたこと分かるよね?そして今日日本ニュース、反安保の学生に警察が横暴捜査ことも読んでた。衆議院安保の会議に暴力してたあの日のことはね、台湾の国会会議はよく暴力してることと似てるけど、あの景はもヒマワリデモあのとき、国会会議室占領してたみんなからそとの警察に阻むことと似てると思う。あと、安部政権が安保法案を強行可決したいことは台湾政府は服務貿易条款とか最近自由経済貿易区のことを強行可決したいと香港選舉のこと強行可決したいことも似てる感じ。もちろんどっちは正義のかは難しい言うこと、安保法案可決は良いのか悪いのかも難しい話ね。そして昨日は国連の UNDP 2005年からミレニアム開発目標の終わり日。どのぐらい出来たとまだ出来なかったこととかは嬉しいのか惜しいのかいろんな感じがある。

ドラマの中でいろんなこと正直に簡単なので理想みたいけど、国民はただ簡単的や透明的や羅生門じゃないや修羅場じゃない政治が欲しいかもしれない。もし政治のことはただ国の秩序だけのためじゃなくて、世界と国の問題とかを解決するためにが存在する、じゃあいまの政治は確かにいろんなことは間違えたと思う。って政治のことはただ上から下にじゃなくて、お互いコミュニケーションや協商やバランスすることだしみじみと思う。まぁこれはすごく難しいだけどね。

久しぶりこんな文章書いた。笑
とにかくこのドラマはオススメー!実はうけるドラマだよ!萌えタイミングもいっぱいだ。w あとやっぱ菅田將暉と遠藤憲一すごいなぁぁぁ!!!と高橋一生と「蔵本」も可愛い。笑

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Gwendolismus’s story.