インスタグラムで人気や注目をあつめるために必要なことは?

Instagramでたくさんの人とコミュニケーションをとっていくためには、ただ単に写真を投稿して待っているだけではいつまでたってもいいねやフォロワーを増やしていくことはできません。世界中で利用している人も多く、日本でも女性を中心に人気で利用している人も増えているInstagramですから、写真を投稿する人も非常にたくさんいます。常に新しい写真が投稿されている状態ですから、なかなか自分の写真も見つけてもらうのは難しいですし、写真自体もいい写真を投稿したとしてもすぐに埋もれてしまいます。

フォロワー いいね 増やし方は、待っているのではなく自分から積極的にアクションを起こしていくことが大切です。まずじぶんからたくさんの人の写真を見に行って、いいねやコメントをしていきましょう。いいねをするといいねを返してもらうことができるようになりますし、さらにコメントを残しておくとありがとうの返事をもらうことができ、それがきっかけになってフォローをしてもらったりフォローをしたりと、フォロワーを増やしていくことにつながっていきます。

写真を見に行くときもハッシュタグをうまく利用して、自分が興味を持っているキーワードを検索していくとよりコミュニケーションをとりやすい人を見つけやすくなります。自分が投稿した写真にハッシュタグをつけておくことも大切です。ハッシュタグというのはたくさんある写真の中から興味のあるものを探すための道しるべみたいなものです。例えばスイーツに興味があったとします。人気のスイーツなどがあってそれを食べに行きたいなと思っていた李、実際に食べてきたという写真を投稿したとします。その時にスイーツの名前をハッシュタグをつけておくと、そのスイーツに興味がある人が見に来てくれる可能性が高くなります。またそこからハッシュタグを利用して検索すればInstagramに投稿されている写真がすべて表示されますので、その写真にいいねをしたり、おいしそうといったような感想をコメントしていけば、同じくスイーツが好きな人とコミュニケーションをとることができるようになって、同じ趣味の人たちの輪を作っていくことができます。このようにハッシュタグなどを利用して共通の趣味などを持っている人たちの写真をいっぱい見に行って、いいねなどのアクションをしていけば、自分の投稿を身に来てくれる人も増えていいねやフォロワーを増やしていくことができます。

投稿する写真も何でもかんでも撮影したら投稿するというのではなく、見てくれる人のことも考えて投稿していくことが大切です。前述したスイーツを例にするならば、スイーツをテーマにしてギャラリーを作っていくと同じくスイーツが好きな人たちが集まってきてくれるというメリットがあります。ギャラリーにテーマを決めて投稿していくと、自分のページを見てもらったときにきれいに表示されますので、フォローしてもらいやすくなります。Instagramは多くの人が利用していますが、興味を持っているジャンルは例えばファッションが好きな人や自然が好きな人、子供や日常のことを写真にとって投稿している人などいろいろな人がいます。そういったたくさんの人の中から自分と同じ趣味嗜好の人を見つけていくためには、ギャラリーのテーマを決めて写真を投稿していくことが大切になります。いろいろなジャンルの写真を投稿したい場合には、アカウントを分けてギャラリーを新しく作っていきましょう。

Instagramではシステムメニューから簡単にアカウントを増やすことができますので、新しいページを作ってそこで違う趣味の人たちとコミュニケーションをとっていきましょう。一つのアカウントでテーマもなく自由に投稿していくよりも、アカウントを分けて新しいギャラリーを作ったほうがそのテーマごとにフォロワーを作っていくことができるので、フォロワー管理も簡単になりますし、コミュニケーションも取りやすくなるというメリットがあります。アカウントの切り替えもメニュー画面から簡単に切り替えることができるので便利に利用することができます。基本的には自分からたくさんの人にいいねなどのアクションを起こして、テーマを決めて統一感を持ったギャラリーを作ること、そしてハッシュタグをつけて投稿した写真を見つけやすくすることがフォロワー いいね 増やし方になります。また投稿する写真は、アプリなどを利用して加工してあげるとより人の興味を惹く写真にすることができます。Instagramではたくさんの写真を投稿するよりも、きれいに加工した写真を一枚投稿したほうが効果が高くなります。投稿するときには明るさを調整するなど簡単なことでもいいので試してみるとよいのではないでしょうか。ちょっとしたことですが、写真を加工すると印象が大きく変わるのでこれもフォロワー いいね 増やし方といえるでしょう。

Like what you read? Give Uehara Sakura a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.