インスタグラムで使える複数アカウントのメリットを伝授!

多くの有名人を始め現在多くの人が楽しんでいる写真投稿型SNS、インスタグラム。日本国内に限らず世界中の人と写真を通して繋がることができる、とても便利なSNSですよね。とはいえ実際のところアカウントを二つ以上持っている人はどれくらいいるのでしょうか?有名人であれば、公式・プライベートと使い分けているのかも知れないけれども、一般人には一つあれば十分、そう思っていませんか?もちろん一つしかなくても十分楽しめるのですが、使い分けることによってインスタグラムはより楽しくなるのです!その楽しみ方を今回はお伝えしようと思います。

★アカウント追加メリット1

アカウントを複数持つメリット(現在は最大5つまで登録出来ます)、一つ目はプライベート専用の使い方が出来ることです。初めてインスタグラムを始めた際に、よく分からないまま始めてしまってfacebookとリンクをしてしまった人もいるのではないでしょうか。後からリンクを解除してももう後の祭り。繋がる人を選びたかったのに多数の友人や仕事関係の人と繋がってしまいプライベートな投稿が出来なくなってしまった、そんな悩みを持つ人も多いかと思います。特に仕事絡みの人と繋がってしまうと、何もプライベートなことを投稿できなくなって全く楽しめなくなってしまうかも知れません。ブロックすることももちろん可能なのですが、何かのきっかけで相手にブロックしたことがバレても大変気まずい思いをするだけです。そんな時こそアカウントの追加が役に立ちます。プライベートの方には鍵をかけてしまい、特定の友人たちのみにフォローしてもらいプライベートな写真を上げて交流を楽しむ、そんな使い方が可能になります。特定のグループ専用としてしまうのも良いかもしれません。内輪だけで共有したい写真を投稿することも可能になります。また、時にはネットストーカーや誹謗中傷など嫌な思いをすることもあるかも知れません。特に公開設定にしたままご自身の顔出しをされている女性には人ごとではない不安要素かと思います。そんな時にも別のアカウントを作成して、引き続き交流を続けていきたい人たちのみと繋がるようにすることも出来ます。最初に作った方は徐々にフェードアウトして削除してしまうのもアリでしょう。真逆なお話になりますが、仕事用として追加するのも良いですよね。特に自営業であったりデザイナーとして自分の作品を売り出すことを仕事とされている場合に有用です。プロフィール欄にURLを貼り付けることも出来ますので、写真を見た人から仕事を受けることもあるかも知れません。多くの人が閲覧しているインスタグラムだからこそ、気軽に広告として利用することが出来ます。

★アカウント追加メリット2

二つ目は自身の趣味専用として追加するメリットです。最初に作った方で好きなことや人をどんどんフォローしていってしまい、タイムラインが色々な情報で溢れて探したい情報にすぐアクセスできない。そんな経験はないでしょうか?趣味専用を追加することにより、同じ趣味のインスタグラマーだけと繋がることも出来ます。実際の友人たちに知らせず趣味に没頭できるインスタグラムの完成です。趣味だけの写真を投稿されている方も多くいらっしゃいますし、その中で交流を深めて実際に会ってみたり、オフ会を開催することも可能です。自分の好きなことだけそして何よりもタイムラインが統一されるためスッキリとし、自分の好きなことだけに没頭できることでしょう。統一感のない様々な内容が投稿されているよりもずっと趣味が強調されるので、フォロワーさんもどんどん増えて活発な交流も期待できます。このように趣味の同じフォロワーさんを沢山増やしたい場合は、検索されやすいハッシュタグをつけることを忘れずに!

★アカウント追加メリット3

三つ目は同士を募り交流ができるようになるということです。趣味専用を作ることと少し似ていますが、例えばダイエットをしたい!妊娠をして同じ妊婦さんや先輩ママさんたちの情報を得たい!など特定の目標や知識を持った人たちと交流をしたいこともあるかと思います。色々な同じ立場の方々の意見が聞きたいときや、情報を共有したい時に非常に便利です。環境によっては同じような境遇の人が周りにいないこともあるかもしれません。そんな時こそスマートフォン一つで同じ境遇の方と繋がれてしまうのです。それも実際の友人達に知られることなく出来るので、普段なかなか話にくいことや聞きにくいことを共有できることでしょう。モチベーションアップや、情報収集に特化したアカウントということになります。このようにアカウントを追加することにより、インスタグラムの楽しみ方の幅が広がります。プライベート・趣味・仕事、などなど人は様々な顔を持っているものですから。一つの枠に囚われずに自分を演出出来るツールとして有効に活用してみましょう。追加自体は簡単に出来ますし、この機会に是非作成してみるのはいかがでしょうか。