インスタグラムのいいね&フォロワーを増やしてくれるコツとツールとは!?

インスタグラムでいいね&フォロワーを獲得したい場合、工夫を施すことが必須となります。万人受けする写真を投稿することを意識し、その投稿をほぼ毎日することが大切です。放置してしまうと、誰も注目してくれなくなり、今までフォローしてくれていた人が解除してしまう恐れがあります。また、投稿頻度が少なければ、面白くないと判断されてしまい、思うように『フォロワー いいね』の数が伸びないでしょう。自分で取り組むにも時間と労力を費やす必要があるため、他にやるべきことを犠牲にしなければなりません。だから、生活や仕事に支障が出ない範囲でバランスを取り、インスタグラムでの『フォロワー いいね』を増やす方法を考えることが大切です。投稿する写真を工夫するのは当たり前なので、ただ適当に撮影したものを投稿するのではなく、角度や鮮度を工夫し、さらに加工機能を利用して他とは違う写真であることをアピールしましょう。その枚数が多ければ多いほど、より注目される可能性が高くなり、人が集まる可能性も高くなるでしょう。これによってフォロワーになってくれる人が増え、それに比例するようにいいねの数も増えます。

★説明文を入れる

写真をただ投稿するのではなく、説明文を追加することも可能なので、その機能も利用すべきです。どういう経緯で撮影したのか、どこで撮影したのかなどを記載しておくと、その分かりやすさから、多くの人に注目されるでしょう。この説明文に『#』とその後ろに『キーワード』を入れれば、高い確率で検索されるようになり、より多くの人を集めることができます。『#キーワード』のセットをいくつも入れておけば、自分と同じようにセットした人を確認できます。クリック一つで検索できるようになり、同じような投稿している人を見つけることができます。これによって共感する人の輪が完成するので、相互にフォローといいねをすることが可能です。だから、投稿した写真に関係のあるキーワードであり、検索に使われる頻度が高いキーワードを挿入することが好ましいです。適当に設定し、それをたくさん挿入しても良いですが、『#キーワード』ばかりの説明文では、それを見た人に良い印象を与えることができないので、数とバランスを考えなければなりません。このことから、なるべく多くの人が検索する、興味を持ってくれる、なおかつ写真に関係のあるキーワードを考え、フォローしてくれるように、いいねを押してくれるように考えましょう。これによって外から人が集まる工夫をすることができるので、後は自分から『フォロワー いいね』を積極的に取り組むだけです。自分からアプローチすることでアカウントを知ってもらう機会が生まれ、リフォローしてくれる可能性、及び、いいねしてくれる可能性が高くなります。これを繰り返していけば、自分の理想通りに『フォロワー いいね』の数を増やしていくことができます。工夫によって人が集まり、自分からの行動で人が興味を示してくれる流れが完成するため、あっという間に人が集まるインスタグラムが完成します。

★自動化ツール#Likesがおすすめ

これらはすべて自分で取り組まなければならないため、決して楽に作業できるものではありません。毎日取り組むことを当たり前としなければならないため、結果を期待して取り組んでしまうでしょう。期待通りであれば問題ありませんが、期待通りでない結果となれば、挫折してしまい、諦めることとなるでしょう。これらを解決する方法として、また、簡単に『フォロワー いいね』の数を増やす方法として、#Likesを利用することがオススメです。あらゆる作業を自動化してくれ、効率良く人を集めてくれるシステムになります。利用にはお金がかかってしまいますが、その分楽に作業を済ますことができ、期待以上に人が集まってくれます。そのほとんどがフォロワーになってくれ、毎日いいねを押してくれるようになるでしょう。作業の登録をしておけば、自分がターゲットにしたい人の写真を自動でいいねを押してくれます。同じような写真を投稿している人の繋がりができるので、お互いが協力し合う関係が構築できます。フォローしてくれた人に対して、自動でリフォローする設定もできるので、わざわざチェックすることも、自分で作業する必要がないです。ただし、この#Likesを利用するにはお金が必要になるため、自分の収入額を考えた上で利用しましょう。本当に高い効果を得られるか不安なのであれば、体験版を利用することができるので、まずはそちらを使ってみると良いです。もし、効果があったのであれば、お金を払って利用する価値は十分にあります。インスタグラムに時間や労力を費やす必要がなくなるので、自動で作業してもらっている間に他のことができるようになります。知名度を上げることも、繋がりを構築することも、友達を増やすこともできるので、目的を明確にして#Likesを利用しましょう。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.