創業者も認める渡辺直美のインスタグラム

まるで友達になったように知られざる芸能人の日常生活を楽しむことができるとして人気沸騰中のSNSがInstagramであり、フォロワー数は人気を直接的に現しておりファンの実数と言っても過言ではありません。今日では一般人以外に企業やタレントも参加しており、惜しげもなく生活感溢れるショットをポストしているのですが、数多く参加しているタレントの中で最も支持を受けているのが渡辺直美です。

★渡辺直美のインスタグラム

かつては数の多い芸能人の代表格と言えば華やかなモデルや女優といったように写真写りが良い方々ばかりであったことから、当初は渡辺直美がこれほどにまで人気を高めていった理由が誰もわかりませんでした。しかし、Instagramは全世界中で愛されているサービスであるという点が大きく関係しており、グローバルな様相が良い具合に順応したのです。芸能活動を行う上で所属している事務所はお笑い芸人が憧れを抱く最も有名な所であるものの、芸人とは思えないほどキレがあるダンスを披露してくれます。そして、外見からもわかりますが食事を楽しむことを趣味としており、ベテラン俳優よりもグルメであると言われるほどで、実際にInstagramにはお食事に纏わる内容が多々存在しています。2014年には芸としても披露しているダンスをより一層極めたいと考えてアメリカに一時的に留学したのですが、萎縮せずに渡米できたのは英語が堪能である上に中国語も難なく使いこなせるためです。努力家で真面目な性格であることから大変良いイメージが持たれているので舞台や映画、ドラマといったようにマルチに活動されていますし書籍の出版やコマーシャルへの起用なども高い頻度で行われています。芸能界は華やかに見えるもののシビアな世界なのですが、評判を落とすことなくあらゆる現場から声がかかるというのは頼りにされている証拠ですし、日本全国に好きな方が点在している裏付けとも言えます。

★渡辺直美がインスタグラムを始め理由

そもそも、渡辺直美がInstagramに興味関心を抱いたのはアメリカに留学していた時であり、初めは自分のことをもっと知ってほしいというシンプルな気持ちでした。利用したことがある方は共感できますが、とても手軽に自分の現況を伝えられる画期的なツールなので、かつてのサービスのように文章を考える必要がありません。文章で気持ちを表す必要が無いのに、一枚の写真によって的確に伝えられるという点が魅力であり渡辺直美もそのようなポイントに魅了されました。しかも、彼女は芸風や普段の立ち振舞からはわからないものの、内気な性格であり言葉で自己表現をすることを苦手としています。だからこそ、踊りのように身体を使った動きで笑いを取っており、何も語ることなく一枚の画像で表現できるInstagramは性格と上手く合致できたのです。従来であれば有名人というだけでどのようなクォリティの作品や構図であっても多くのアカウントにお気に入りに入れてもらうことができたのですが、素人でもプロカメラマン顔負けの出来栄えで投稿しているため、有名だからと言って贔屓にされる時代は終わりました。渡辺直美は芸能人であってもクォリティの高さが求められる時代になったという事実をいち早く理解し、迅速に高画質かつ構図に拘ったという事実があります。

★渡辺直美の写真へのこだわり

アカウントにアクセスし列挙されている作品を目にしてみると、全てが写真集のような仕上がりになっており、プロも唸るほどの美しさです。中でも、水着姿になり海に入っていくシチュエーションを捉えたショットは、広大な浜辺ではあるもののしっかりと人物に目がいくようになっていますし、十分に確保された余白によって美しい海と空がしっかりと楽しめます。また、機材にも拘りを持っているのですが、多忙であり世界中を飛び回っていることから綺麗に記録できるとは言っても、重くて嵩張る一眼レフカメラを持ち歩くといったことはしません。つまり、一般的なスマートフォンに搭載されているカメラを用いているのですが、同じように記録したくても実現できないというのが実情です。そこで活用されているのが、レンズに対してワンタッチで取り付けるだけで簡単に一味違った作風にできるといったキットであり、それらをシチュエーションに応じて使い分けることによって上質な静止画が実現できています。ライブラリの中には一人で写っているものが多い傾向にあるものの、時折アップされるのは仲が良い芸能人と共に写った動画などです。いつものテレビ番組では見ることができない表情や笑顔が収められているので、対象者はもちろん番組自体にも親近感が湧き、これまでよりも大勢に見てもらえるという付加価値も受けられるのです。

★まとめ

こうした渡辺直美は日本の芸能人として初めてInstagramを創業した方に出会う機会に恵まれ、創業者たちもファンであり日々の更新を楽しみにしていると言っているほどで今後は尚更活躍の場が広がっていきます。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.