リソースを使わせる動きとは?

LOLにおけるリソース=資源とは、サモナースペル・アイテム・スキルのことだ。集団戦や少数戦、オブジェクトコンテストの際、自分たちのリソースが多く、相手のリソースが少ない状況をあらかじめ作ることで、リスクを抑えることが出来る。特にプロシーンでは、リソースを使わせる動きが随所に見られる。


最初に、試合を見る上で重要な各リソースについて、簡単にまとめてみた。

・サモナースペル(SS)

最も分かりやすく、かつ強力なリソースがこのSS。クールダウンが短いもので3分、長いものだと5分もある。敵のSSが少ない時に仕掛けるのは、勝つための常套手段である。特に、フラッシュの有無は、一つの集団戦の結果を変えてしまうほど価値が高い。

・アイテム

リデンプション・ゾーニャ・GAのような、強力だが比較的クールダウンが長いアイテムは、重要なリソースとして数えられる。

・スキル

集団戦において全てのスキルを把握するのは難しいが、ultの有無は観戦画面で簡単に分かる。次に重要なのはブリンクCC。SS・アイテムよりもクールダウンが短い。


ではどうやって使わせるのか?

一番簡単なのは、人数差のある集団戦を起こすことである。人数で不利を背負うチームは、デッドしないためにフラッシュultを使用せざるを得ない。そこで深追いするのではなく、次の集団戦で確実に勝つために、自分たちのリソースを保持した状態で仕切りなおす。

次によくある事例としては、バロンやエルダードラゴンを利用してリソースを削ることだ。バロンを触る、あるいは触るフリをして、相手がブルートリンケットTPを使ったのを見て、すぐにバロンを止める。

少しスケールを小さくしてみよう。味方のJGがガンクのためにブッシュで待機している際、先にレーナーが仕掛けることで、相手のブリンクCCを使わせる。それを見てからJGが入れば、より確実にサモナースペルのダウン、イージーキルに繋げることができる。


リソースはあくまでリソース

ここで大切なのは、リソースの有利をしっかり活かせるかどうかだ。LOLというゲームは、オブジェクトを取るゲームである。リソースの有利を持っているにも関わらず、悠長に時間を潰してしまっては意味がない。逆にリソースの不利を背負っている場合は、セーフティーに動くことも考慮しなければならない。しかし、中盤以降ゲームを決定づけかねない集団戦やバロンコンテストの場面では、無理をせざるを得ないこともある。不利な状況でも仕掛けなければならない時があるということも、理解していただきたい。

Twitter:@luminasp0