KPIマネージメントをしたければ、顧客を理解し続けなければならない。

新しいKPIとは、理解できた新しい顧客のセグメントでしかないからね。

この視点が事業にはなかなか落ちない。