海洋研究開発機構 横浜研究所 公開セミナー 「チェンジング・ブルー ‐気候変動の謎に迫る‐」

海洋研究開発機構(JAMSTEC)横浜研究所の公開セミナー「チェンジング・ブルー ‐気候変動の謎に迫る‐」に行ってきた。講師は講演タイトルと同名の著書が講談社科学出版賞を受賞した大河内直彦氏(海洋研究開発機構 海洋・極限環境生物圏領域 海洋環境・生物圏変遷過程研究プログラム プログラムディレクター)。
 
過去数万年間の海底堆積物の酸素同位体から、当時の海水温(気候)が推定されている。それによると、気候は徐々に変化したというよりは、2つの安定状態(すなわち氷期・間氷期)を激しく往復していたように見える。
 
氷期の痕跡は現在の地球上に残されている。迷子石やU字谷、モレーンなどがそうだ。それらから、最終氷期には、現在のグリーンランドに加えて、北米や北欧にも氷床が広がっていたことがわかっている。当時は現在の海水の3.8%分の水が氷床になっていて、海水準は140mも低かったという。
 
こうした数万年スケールの気候変動をもたらしてきたものは何だろうか?最も有力なのは地球の自転・公転の変化による日射量の変化だ。ここで注意したいのは、全地球に対する年間平均の入力エネルギーは一定であるにもかかわらず、その入力パターン(緯度・季節)の変化が気候のモードを変えているらしい、ということだ。地球に入力された太陽エネルギーは、地球からの輻射によりバランスしているが、入力に対する出力は赤道域では小さく極域では大きい。この緯度によるエネルギーのアンバランスを解消するのが大気と海洋の循環である。とりわけ深層流を含む海洋大循環が気候モードに及ぼす影響は大きいと考えられている。
 
海洋大循環に影響を及ぼしうる要因として注目されているのが、北大西洋への氷床からの融氷水の流入による深層水の停止だ。ダンスガード・オシュガー・イベントと呼ばれる急激な気候変動、特にヤンガードライアス期の終わりの急激な温度上昇に関係しているのではないかと言われている。
 
今回の講演を聞いた感想を一言。気候変動には、人為的な二酸化炭素放出も含めて、いろいろなタイムスケールでいろいろな要因が考えられているが、過去の激しい気候変動は事実であることを考えると、気候というものは非常に繊細で変化しやすいものであるということを十分認識する必要があるのではないだろうか。
 
なお、講演の後、地球シミュレーター見学ツアーに参加した。現在は第二世代となっており、第一世代の1/3ほどを撤去した跡地に集約されている。見学前に上映されていたビデオ(第一世代のもの)とはだいぶ違う印象だった。

ブログ「たまには地球(した)を向いて歩こう。」2009.12.19より再掲

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.