海洋研究開発機構 横浜研究所 第118回 地球情報館公開セミナー「新たな災害リスク、海底大崩壊を明らかにせよ」

講演者は海洋研究開発機構(JAMSTEC)地震津波・防災研究プロジェクト 技術主任の馬場 俊孝さん。
 
海底の地すべりによる津波の危険性についてのお話。昨年8月の駿河湾の地震では、震源断層からのシミュレーションによる津波の高さが、実際に観測された津波の高さより低かったことや、海洋深層水の採取設備の被害、そして海底地形に残された痕跡から、海底で地すべりが起きて津波を発生させていたことが明らかになったという。海底地すべりについては、発生しやすい場所や発生の仕組みなど、まだ明らかになっていないことが多く、発生を予測することは難しいそうだ。

ブログ「たまには地球(した)を向いて歩こう。」2010.10.16より再掲

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.