cryptocurrency wallets

仮想通貨(暗号通貨)を持つにはウォレットが必要!種類と特徴について

最近話題の仮想通貨(暗号通貨、以下仮想通貨に統一)ですが、どうやって保有するかは知っていますか?みなさんに馴染みのある円のような法定通貨を保有する時のように、財布を持つ必要があるんです。これがよく言われるウォレットサービスのことですね。実際には、銀行の口座のイメージに近いですが。みなさん一人ひとりにユニークなアドレス(口座番号のようなもの)を作成して、そこにみなさんの持っている仮想通貨を保管するのです。一般的な銀行口座と違う部分は、銀行の場合、みなさんの持っているお金は銀行に保管されていますよね。しかし、仮想通貨のウォレットの場合は、必ずしもそうとは限らないんです。

ウェブウォレットとローカルウォレット

実際にウォレットの種類について見ていきましょう。ウォレットには、大きく分けてウェブウォレットとローカルウォレットがあります。

まず、ウェブウォレットですが、これは読んで字のごとく、ウェブ上にみなさんのウォレットがあるのです。つまり、みなさんの財産は、ウェブ上に保管されています。そして、そのウォレットのプロバイダーが保管されている財産を管理をしているという形態のものです。これはまさに、銀行に似た管理形態です。インターネットバンキングをイメージするとわかりやすいかもしれません。手軽に作成して使いはじめることができますが、悪意のあるユーザーに、プロバイダーが攻撃された場合、みなさんの財産が損失してしまう可能性を伴います。また、秘密鍵といわれるみなさんの暗証番号にあたるモノも、ウェブ上で管理をされているので、ハッキングを行われる危険があるので、アクセスする際には、注意が必要です。ですので、ウェブウォレットに自分の財産の全てを預けることは、避けたほうがよいと言われています。(もちろんウェブウォレットのプロバイダー各社もセキュリティに力をいれていますので、あくまで可能性があるという話です。Mt.GOXなどは、そのセキュリティ部分がずさんだったため、あのような事件に発展しました。)

次にローカルウォレットですが、これはみなさんの使っているPCやスマートフォンといった端末内に財産を保管するタイプのものです。この中にはさらにフルノード版とライト版という2つに分けることができます。フルノード版とは、ブロックチェーンに記述されている取引履歴をすべてダウンロードするタイプのもので、データ量が大きい代わりにセキュリティに優れているという特徴があります。イメージは、金庫のようなものだと思って下さい。データ量が大きいので利用できる端末や通信環境に制限があります。(スマートフォンで利用するのは実質不可能)その一方で、ライト版は、全てのデータをダウンロードするのではなく必要最低限のものだけをダウンロードするため、データ量が小さく端末や通信環境によらず利用できるのが特徴です。こちらがみなさんが普段持ち歩いてる財布に近いですね。

Hierarchical Deterministic(HD)タイプとは?

このライト版ウォレットの中には、HDタイプというものが存在します。Hierarchical Deterministic(HD)とは、ウォレットの秘密鍵を12個の単語に変換し、それさえ覚えておけば、端末を変更または紛失した場合でも財産の復元が可能です。HDタイプのウォレットは、セキュリティにも優れているため、この復元機能も含めて人気の高いウォレットです。

ペーパーウォレットなどのコールドウォレット

paper wallet

また、ローカルウォレットの中にもは、紙などに財産の情報を記載したコールドウォレットと呼ぼれるものがあります。コールドウォレットというのは、ウォレットが常時インターネットと接続されていないことを指します。インターネットと接続がされていないので、ネットを介してみなさんの財産を攻撃することができないため、安全というわけです。(もちろん、ペーパーウォレットなどのコールドウォレット自体を奪取、損壊された場合は、被害が起きます。)

最後に

みなさんの大切な財産を保管するウォレットにも、様々な種類があります。これから、仮想通貨などの需要が高まるなかで、安全に財産を保管する方法を知っておきたいですね。ウォレットを作る際は、それがどのタイプのものなのかをしっかりと把握してから利用しましょう!

※紹介しているサイト毎に言葉の定義が違う部分もありますが、当記事では、分類方法としては、財産管理主体とブロックチェーンネットワークとの通信の方法で分けております。ご指摘等ございましたら、ぜひよろしくお願いします。