2015 年振り返り

2015 年を振り返る。今年は Elixir, OSS(GitHub) と仕事をもとに振り返る。

Elixir

Community に貢献できるようにライブラリを作ったり、ちょっとした pull request を送ったりした。勉強会は正直あまり参加できるだけの時間がないのだけど、Elixir 関連のものだけに絞ってなるべく参加していた。発表できるときは発表もさせていただいたり。

中でも一番頑張ったのは Elixir 向けの Power Assert ライブラリを作ったこと。Elixir でマクロの理解を深める意味で、えいやっと動くところまで何とか作った感じ。結果としては自分のリポジトリで一番☆を獲得しているので頑張ってよかったなと思う。まだまだ中途半端なところもあるので、ちょいちょい時間を見つけて改善していきたい。

Hex に公開したパッケージは、gimei_ex, breadcrumble_ex, luhn_ex, mix-star(ちゃんと完成したという意味で), power_assert_ex の 5 つ。ライブラリ意外だと m3 hackathon で Phoenix Framework 使ったり、isucon4-qual-phoenix 作ったり。

Elixir に関してはこっそり Elixir の四天王的なプロジェクト全てに(ecto, plug, hex, Phoenix Framework) pull request を送るというのがあったのだけど、残念ながら plug だけは送れずでした。来年こそは何かあったら送りたい。あと Elixir 本体にも pull request 送ってマージされたのは嬉しかった!

OSS

今年は Pull Request を気軽にできるようになったというのと(fix typo 多いけど)、気づいたらライブラリとか色々作っていたなという印象。

Elixir もだけど Ruby のライブラリも結構作っていた。octoparts-rb, chrono_logger, faraday-encoding, active_record-postgresql_analyzer を作っていた。振り返ってみると主に仕事で必要になりそうなものを作っていました。なので実際には自分では使っていないものもあったり。faraday-encoding に関しては何で作ったのかも覚えておらず。。でも最近ダウンロードされているようで、誰かの役に立っているっぽい。

仕事

JavaScript, Rails, Java という感じで例年と変わらず。JavaScript といっても Backbone.js を本気になって勉強したというくらいで、あとは React を使ってみたというレベル。Rails に関してはなるべく Rails way で行くということを意識した。それだけでも圧倒的に楽になる。Java については少し腰を据えて理解することを目指したので場当たり的な対応は少なくなったように思うけど、まだまだ修行が必要。それと BigQuery に触れる機会があってパワフル差に衝撃を受けたのが大きかったかな。それに伴って SQL 頻繁に書く機会があり、複雑なものがそこそこ早く書けるようになった。

来年に向けて

仕事に関しては今年は地味目なのが多かったので、来年はもう少し派手なものもしたいなと考えている。これは自分一人では上手く行かないので周りと協力しつつということになるだろうけど。

Elixir に関しては Power Assert を改善しつつ、OTP 周りも何か実際にものを作って評価していかないとなと考え中。