蕎麦屋というか、なんというか

マンションの引き渡し手続きが完了した後、葵区の北街道沿いにある岩市遊菜巧房という、蕎麦屋に行った。

店も小ぶりということもあるが、車を運転しながらだと見つけづらい店構えであった。駐車場が店の前にあるのだが、パッと見はわからず、今日は向かいのなか卯に無断駐車した。

店内は蕎麦屋だけあって、簡素なものであった。掘りごたつテーブルが3つにカウンターが6席程度。なんとなく、そばがメインではなく、夜お酒の肴を出すと行った感じ。

そのため昼のメニューは限られており、普通の蕎麦のセット1,300円にした。牛肉のセットだと、3,500円。昼からその値段はちょっと...と言ったところ。(1,300円もそれなりだと思う)

待ちながら店内を観察。親父さんと息子さん、親父さんの奥さんの3人で切り盛りしている模様。

カウンターにはそばを茹で鍋と焼き物を作るガスコンロがあり、息子さんが、焼き物の鮭へ丁寧にタレを塗り、表面をカリッと仕上げていた。

さて、これが蕎麦遊膳だっ。

蕎麦は美味しかったです。本当に久しぶりに冷たいそばを食べたこともあるが、のどごしがよく、腰もあり、非常に美味しかった。汁も辛すぎず甘すぎず丁度よい。

一番美味しいと思ったのは、鮭の焼き物。表面コンガリで香ばしく、皮まで美味しくいただきました。

ボリュームはそれほどではなく、女性でも完食できるくらい。男性には少し物足りないかも。

さて、結論ですが、美味しかったです。楽しい食事をすることができました。ただ1,300円は安くはないですね。コストパフォーマンスという点では、やや残念です。1,000円なら常連になりそうですが、1,300円ならそう頻繁には行かないかな。

そのうち夜に行ってみたいです。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.