なんでもできる人は、なんにもできない人

人にはそれぞれ、得意不得意があって、たぶん何でもできますって人は、ほんとは何にもできない人なんじゃないだろうか。
私も、かなり器用に色々できると思っていたけれど、年を重ねていくにつれ、なんてできないことが多いのかと、あっけにとられる。

私って器用という思い上がりを、アルバイトに来た美大生にあっけなく打ち砕かれ、今では、自分ってなんて不器用なんだと思うようになった。でも、彼女は絵と工作以外は何にもできませんと言ってたし。

以前送られてきた営業メールに、「お客様に合わせてどんなテイストのイラストも描けます」みたいなのがあったけど、そういうのにも全く心をうごかされなかったなあー

つまりは、今、事務作業に大いに手こずっているわけで、エクセルとかパワポとか、書類作成とか、つまりは、とても不得意なわけで。

そして今日もお迎えの時間になりました。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.