「I’m listening to my voice」

新曲が完成しました。やっとお披露目できて嬉しかった〜!!まず、アレンジに携わってくれた亜美ちゃんには本当に本当に感謝です。亜美ちゃんも自分の活動があって多忙なのにも関わらず、たくさんの時間や労力を費やしてくれて、素敵な楽曲ができて、もうわたしはどうやって感謝の気持ちを表したらいいのやら。一発ギャグやれって言われたら五百発くらいやらせてもらう勢いだわ。しかもね、今までこういうトロピカルハウス調の楽曲は作ったことがなかったんだって。わたしったら…なんて大変な思いをさせてしまったのかしら…笑!!なのにわたしのイメージに忠実に作り上げてくれました。亜美ちゃんさまさま。

この曲は最初、曲調的に英語をいっぱい入れようと思ってたんだけど、伝えたいことが日本語でのほうがしっくりきたので全詞日本語にしました。あのね、曲の中に登場する僕っていうのは自分のことを客観的にみてくれてる人のことね。で、君っていうのは自分。あの子・彼女って指してるのも自分。要するに、自分が二人いるんだよね。自分っていう一人の人間の中には、必ず二面性というか、あると思うんです。それに、自分で自分をどうしてあげようかな?って思うことありますよね。この曲が伝えたいのは、自分で自分を信じてあげてケアしてあげてねってことなんです。今までいろんな経験を重ねてきて、何度も傷付いてきたけれど、まだ、まだ、この先には希望があるんだって。結局自分のことを大切にしてあげられるのは自分だけだから。こわばっているなら安心させて緩めてあげたいし、頑張ろうとしているなら全力で背中を押してあげたい。泣いているなら泣き止むまで隣で寄り添ってあげていたいし、笑っているなら一緒に笑ってそれを分かち合いたい。大丈夫だよ、この先も自分を信じていって大丈夫だからね、ってメッセージを込めたつもりです。だから、「二人だけが通じ合えれば難しいことはないから」っていうのは自分と自分、ってことね。

わたしはトロピカルハウスがすっごく好きで、自分の楽曲にもそういう感じのモノが欲しいなあって思ってたから形になって嬉しい。オートチューンをいっぱいかけたボーカルもお気に入り。とってもいい曲になりました!!!!現時点ではYouTubeチャンネルとインスタにしかアップしてないんだけれど、他の配信方法を進めつつあるので、みんなも気に入ってくれたらぜひ!いっぱい聴いてくださーい!!

A single golf clap? Or a long standing ovation?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.