撮りたい時にカメラがなきゃ意味がない

ここ1年、月の半分が出張であちこち行かせてもらってます。

そして、各地で記録として写真を撮るわけですが、今まではiPhoneでささっと撮ってinstagramに投稿かするかDay One(ライフログアプリ)に保存みたいな感じだったんですよ。

でも、ここ最近は気持ちを入れ替えRICOH GRで撮ってみている。(APS-C搭載の初代)

やっぱGRいいわ〜。

普段はこんな感じ。重さ245g
21mmワイドコンバージョンレンズにフィルターをつけ、レンズキャップはPENTAXのものを装着

レスポンスが良いし、置きピンできるし。親指AFも使いやすい。
そして、最近FAターゲット移動をファンクションキーに割り当てたら格段に使いやすくなった。

iPhoneへの画像取り込みは面倒だけど、それも許せる。

こんなに長期間地元にいるのは久々
マクロも優秀

小ささは正義。

富士フィルムのX100Fに心動いたけど、GRは半分の重さ。

Xシリーズのフィルムシミュレーションには惹かれるけど、同じAPS-Cの撮影素子。画像エンジンは違えど、RAWで撮って後処理はVSCOかAdobe Lightroomで良いかなーと。

ビジネスバック、コートのポケット、ジャケットのポケット、ジーンズの尻ポケットとどこにでも入れることができ、なんなら手で握りしめて歩いても負担にならない。

荷物をグラム単位で削りたいので、一眼レフやミラーレスは大きすぎるのですよ。

撮りたい時にカメラがなきゃ意味がないのです

iPhoneでサクッと撮る画像とは違うものが撮れる(気がする)のでしばらくこのスタイルでやってみようと思います。

清水寺
原宿 キャットストリート
原宿 キャットストリート
原宿 キャットストリート
スカイツリー
CAMBODIA PHNOM PENH
CAMBODIA PHNOM PENH
CAMBODIA PHNOM PENH
CAMBODIA PHNOM PENH
台北
Stanford University
Stanford University
Stanford University
Stanford University
SAN FRANCISCO
SAN FRANCISCO
SAN FRANCISCO
SAN FRANCISCO
One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.