【レビュー】SIMフリーiPhoneでIIJmioのプリペイドSIMを試す!!!アクティベートまでの道のりと3ヶ月使い切った感想

ドキドキしましたwww

どうもこんばんは、虎豆しば2号(@mamesiba9171)です!!!

先日買ったSIMフリーのiPhone SEですが、ボクはIIJmioのプリペイドSIMを挿して使っています!というわけで今回はIIJmioのプリペイドSIMのアクティベートと使用感について書いていきたいと思います!!!

※この記事は開封の儀を行った一週間後に書き始められた記事です。

⚪︎開封!!!

それでは早速SIMカードを取り出してみましょう!!!

パッケージ表面はこのようになっています。何か派手なデザインです。

こちらはパッケージ背面です。注意事項などが書かれています。

そうそう!iPhoneはnanoSIMなので購入する際は間違えないよう気をつけましょうw

パッケージの中からSIMカードを取り出すとこのようにスタートパスとSIMカード本体が出てきました。

スタートパスにはSIMの電話番号(実際に使える電話番号ではなく、どちらかと言うとパスコード的なものだと思われます)が書かれているので見せないよう気をつけましょう。

そしてSIMカード本体にも表面には番号が書かれているのでSNSなどにアップする際はモザイク処理などをしましょう。

⚪︎開通までの道のり

開通までの道のりは非常に簡単でした。

ステップ① SIMカードをSIMカードスロットに挿入する。

まずはiPhoneにSIMカードを挿さなければ何も始まりません(iPhoneはAndroidとは違い、SIMカードが挿さった状態でないと初期設定すら出来ないのです)。

と言う事で用意するものは

iPhoneに付属しているSIMカードスロット取り出しピンを使います。

このようにSIMカード取り出しピンをiPhoneのSIMカードスロットにある小さな穴に差し込みます。すると写真のようにピョンとSIMカードスロットが飛び出してきます。ちなみにこの時結構力を入れないと出てこないので注意しましょう。

ピョンと飛び出してきたSIMカードスロットを抜き出して、

SIMカードを用意します。

そしてSIMカードスロットにSIMカードをセットします。この際SIMカードの向きが決まっているので気をつけましょう。

最後にSIMカードをセットしたSIMカードスロットをiPhoneに戻してステップ①は終わりです。

ステップ② コールセンターに電話する。

SIMカードを挿し終わったらiPhoneの電源を入れて待機しましょう。そしてIIJmioのコールセンターへ電話します。コールセンターの人と直接話すわけではなく、機械の指示通りに番号を押していくだけなので

コミュ障で電話が苦手なボクでも大丈夫でしたwww

なお携帯電話からの発信のみとのことだったので今回は母親のiPhone 6sを借りました。他の定額制プランのアクティベートもこのような形式かどうかは分かりませんが、もしこの方法と同じの場合は今まで使っていた携帯電話の回線は切らずにアクティベートし、新しい携帯電話のアクティベートが完了した後に解約手続きをされた方が良いと思います。

以上となります。MVNOで、しかもプリペイドプランという特殊な契約方法なので難しいのではないかと不安でしたが、スンナリと開通できて安心しました。

⚪︎外で使って見た結果

さて、それでは実際に外で使ってみてどうだったのかというお話ですが、結果から言うと

何の不便さもなく、普通のiPhoneとして使うことができました!!!

普通に外でネットサーフィン、Twitterチェック、友人とSlackでチャットとSkypeでテレビ電話、そしてオンラインゲームとバリバリ使えました。

上の2枚の画像は実際に外で4G通信の状態で友人とSkypeをしたときの友人側のスマートフォンの画面です。このようにボクの方から発信される映像はグチャグチャで見るに耐えられないほどでは無いようです。

さらにSkypeをしてもらった友人に4G通信でビデオ通話してみた感想を書いてもらったところ、

動きが止まっている間は安定している。画質は大体480pくらい。

手ブレでノイズが発生。

暗くなるとノイズが酷く何も見えない。

音声に関してはノイズ、音ズレ共に起きなかった

ということで2番目と3番目はiPhoneのカメラ性能の問題なので結果的には問題なく外でも普通にSkypeをすることが出来ました。

⚪︎まとめ

さて3ヶ月間ガッツリMVNOのプリペイドSIMを使ってきたわけですが、その感想は

普通に使える

ということです。何の不便さもなく快適使えました。多分今後普通に契約する際には今回と同じくIIJmioで契約するんじゃないかと思いました。

良かったところは先述の通り普通のキャリアで契約したのと何の違いも感じることなく普通に使えたことと、アクティベートの簡単さですね。「あー、まぁMVNOだから仕方ないね」という妥協などはほぼ感じることがありませんでした。

さらにMVNOを使ったからこそ分かったことが1つあります。それは

月にデータ通信量1GBあれば十分だということです。

ボクの場合は家に無線LANがあり、さらに外出先でデータ通信をあまり使わない(しかも引きこもり)なので月に600MBくらいしかデータ通信を使っていなかったのです。なので月々で契約するならば1GBもあれば十分なのです。他のキャリアだと大体5~6GBで契約ですし、一番小さくしても3GBくらいだと思います。そう考えるとキャリアで契約するよりもMVNOで運用したほうが月々の支払いもグッと抑えられるので非常に素晴らしいと感じました。

ただし良いことばかりではありません。

お店に入ってもキャリアフリーWi-Fiが使えない!

これは地味に痛いです。お店に入ってWi-Fiを見てもキャリアが出しているフリーWi-Fiしか無いお店が結構多いんですよね。その際にMVNOだと恩恵を受けられないので残念感はあります。ただボクの場合はそもそもあまり外出することがないので大きな問題ではなかったです。

というわけで長々と書いてしまいましたが以上SIMフリーiPhoneでMVNOのプリペイドプランで3ヶ月間運用していた結果でした。

MVNOサイコー!!!ではでは。

追記:文章の訂正について(2017年5月17日 PM 22:55)

途中のSkypeでの使用テストの中でフレームレートと表記していましたが、正しくは画質の間違いです。修正しておきました。申し訳ございません。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.